Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

桜井の主な実績

櫻井 016

 

「議員の本懐は、政策を議会で提案し、市民生活の向上を図ること」との信条で、

ひとりの市民の声に耳を傾け、

それを政策に磨き上げ、

市民生活で実現してまいりました。

今後も 「いつ、何を提案」 して

「いつ、何を実現」 したかを、

市民の皆様へ明らかにしてまいります。

 

稲毛区の未来のために大胆な整備を!

提案した主な議会 内容 実現した時期等
27年第2回、

28年第4回、

29年第4回

稲毛駅東口再開発の予算化・市の支援写真1稲毛駅ロータリー 30年度、31年度(調査費予算化と市の支援を初めて約束)
29年第4回 稲毛中学校周辺整備事業(検見川・稲毛地区土地区画整理事業) 30年度、31年度(2億8千万円→約5億円)
29年第2回 オリパラ選手村や首都圏市場を見据えた都市農業の推進、条例改正、収入保険制度の周知 30年度GAP認証取得の推進31年度「稼げる農業」への総合政策

    
災害・犯罪・虐待・猛暑から「いのち」を守る!

提案した主な議会 内容 実現した時期等
29年第1回、

 

30年第1回

稲毛駅周辺の防犯カメラの設置写真3(防犯カメラ近影)S__7077895 31年3月から運用(東口に4台、西口に2台)(千葉市内で初めて千葉駅・稲毛駅周辺に設置)
28年第1回、

 

31年第1回

児童虐待防止のための改革 ※警察OB・弁護士配置、個室の増設、学習支援、意見箱の拡充、外部評価の導入等、詳細は「さくら通信第3号、第4号」に掲載
30年第3回 学校へのエアコン導入手法・財源提案、体育館への大型扇風機導入 31年夏から
30年第3回 国際基準WBGT測定器の導入による猛暑対策写真4(wbgt候補2)写真4(WBGT候補2) 30年度中に全校へ配備
30年第3回 猛暑に応じた夏休みの前倒し実施や夏季登校日中止の対応 31年夏から
27年第3回、

 

28年第3回

草野水路(草野水のみち)の安全対策(特に小仲台~稲毛小~国道14号)写真5(草野水路見える化) 29年から市のホームページで水位の「見える化」、かさ上げ・掘削工事
28年第2回

 

29年第2回 

 

29年第4回

地震時火災防止の感震ブレーカーの密集住宅市街地への無償配布写真6(感震ブレーカー候補1) 30年8月に配布(政令市で全国初)
29年第2回 延焼火災を防ぐ連動型火災報知器のモデル事業実施 29年11月(全国で初)
30年第3回 千葉市震災廃棄物基本計画の見直し (東日本大震災前の想定で策定されていたため)30年度に災害廃棄物基本計画として見直し、31年度にマニュアルを策定
28年第3回 千葉刑務所を災害時の千葉市民の避難場所として提供 30年1月に災害時相互協力協定締結
30年第4回 自転車事故への予防・補償対策の促進 30年12月にau自転車保険と協定締結


新たな発想で介護と保育の充実を!

提案した主な議会 内容 実現した時期等
27年第2回

 

28年第1回 

 

28年第2回

 

30年第2回

市内初となる介護・保育・障がい支援の複合福祉施設をモノレールの駅のそばに建設写真7(複合福祉施設) 轟町5丁目機動隊跡地に30年4月に特養老人ホーム、30年5月に認定こども園が開設済み、31年4月に障がい者リハビリ施設開所予定
28年第2回 国有地や駅での保育所建設(保育所建設反対運動への対策) 30年4月に千葉駅ビル、 30年5月に轟町国有地に開所、 2020年4月に稲毛東4丁目国有地に開所予定
28年第1回 独居高齢者に対する緊急通報システムの推進写真8(緊急通報システム)・普及 設置3000人突破(30年12月現在)
28年第4回 高齢化社会を支えるシニアリーダーへの支援 30年度から各区のシニアリーダー教室運営経費へ助成

  

 
インクルーシブな地域社会の実現へ!
  

28年第2回、

31年第1回

コンビニにおける成人向け雑誌の陳列対策 29年度に39万円の予算から全国展開へ ※詳細は「さくら通信第4号」に掲載
29年第4回 千葉公園体育館を、高齢者や障がい者も一緒に楽しめるインクルーシブな施設に(図は千葉公園全体の予想図です。) 障がいの有無、老若男女にかかわらず、全ての市民がスポーツを楽しめる環境づくり
(障がい者スポーツから生涯者スポーツへの転換)写真9(千葉公園完成予想図)
2022年度にインクルーシブな施設として供用開始予定 30年度にスポーツ振興基金の創設 
28年第4回、

29年第1回 

29年第4回

パラスポーツ・ボッチャの普及写真10(ボッチャ体験会)、市民大会の開催 29年度貸出用の道具購入 30年度市役所入口に簡易コート設置 稲毛区主催ボッチャ体験交流会

 

2020年度ボッチャ市民大会

29年第3回、

30年第4回

国と連動し、入学準備金の入学前支給・増額図1(入学準備金) 30年度から7月から3月へ 金額も31年2月補正予算で増額
27年第2回、

29年第1回

選挙投票所での高校生バイトの推進 29名から60名へ大幅増員
29年第4回 依存症対策(薬物、アルコール、ギャンブル) 30年度から民間自助団体への助成、啓発活動
29年第2回、

30年第2回

犯罪被害者支援 29年8月から公営住宅への優先入居、庁内横断会議の設置
30年第2回、

31年第1回

更生支援 30年に矯正施設所在自治体会議に参加表明 31年4月に全区役所内にサポートセンター設置
27年第2回、 

28年第4回

 

29年第2回

 

30年第3回

発達障がい者支援、LGBT支援 保育・医療従事者への研修、学校でのいじめ対策の実施

 

【不都合な事実も議会で明らかにしてまいりました。】

○千葉市でも大地震による災害廃棄物の発生を具体的に想定しているのでは?(30年第3回)

 →稲毛区内は44万トンの発生、仮置き場の7か所想定を見直しへ

 

○保育所建設反対運動は千葉市内でも起きていたのでは?(28年第2回)

 →2か所あった

 

○高齢者や学生に自転車事故が多いのでは?(30年第4回)

 →自転車事故の40%は高齢者だが、死傷者数では若年層が高齢者の約3.5倍も

 

○国の制度改正によって千葉市内で主任ケアマネージャーが必ず不足するのでは?(30年第1回)

 →2020年度の制度改正施行により不足することが見込まれるが、正確な数はわからない

 

○短期間に千葉市で談合不祥事案が2件発生したが、再発防止策を事後検証していなかったのでは?(30年第2回)

 →今後は、「不祥事防止の取り組みを一過性のものとせず、継続的に実効性のある取り組みが実施されるよう努めてまいります。」

その他、千葉県内の犯罪被害件数を初公表など…

 

【今後取り組む課題】

これから最も重要なのは、全世代に向けた交通対策と考えています。
例えば、通勤・通学においてはモノレールの延伸計画の是非は重要な政治課題です。穴川駅から稲毛駅、そして稲毛海岸駅へとつながる延伸計画(いわゆる「稲毛ルート」)を実行するか否かを31年度に決める必要があります。(県庁から市立青葉病院へのルートも検討課題です。)

ほかにも、防災教育を軸にしたまちづくり、大人の発達障がいへの支援など、皆様からの御意見をもとに、取り組んでまいります。

 写真14(穴川駅のみ 写真15(天台駅のみ)

 

 

 

 

 

 

 

 この二つの駅の大きさを比べると分かりますように、写真右側の天台駅に比べて、左側の横幅の大きい穴川駅は、もともと増線することも視野に入れて建設されています。だからと言って、安易に延伸・増線すべきではなく、建設費だけでなく、既に今後10年間で35億円以上の市からの支援が必要とされる維持費や利用率との採算性などから、慎重に検討する必要があります。