ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

Archive for the ‘愛すべき小道具たち’ Category

支部会:番外編②

コメ助は無事に里帰り。
空気を入れるのがこんなに大変だったとは(!)

空気を入れている最中に、そばで心配そうに見てる我が家のリトルコメ助。
まるで酔っ払って帰宅して、玄関先で潰れる父親を観る視線。
(そういうの、今どきないか…)

公明党稲毛支部会・番外編

公明党稲毛支部会・番外編

党青年局公式キャラの #コメ助 が支部会デビュー

勝負ノート

#DavidBowieis の内覧会で購入した勝負ノート。
いつか大事な場面で使おうと大事にしまい、この度、初めて袋から出しました。
すると、罫線が斜線と円状…

アート?ということで…
やっぱり実務はコクヨだな。

余談です。

先日の投稿で、当方の1stガンダム愛が露呈し、問い合わせを受けたので、その証拠を。
こんなに好きです的な感じが、端的に出ている気がします。

「David Bowie is」先行内覧会

   IMG_7776 

 IMG_7772  IMG_7779IMG_7766 IMG_7784 IMG_7767

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、話題の展覧会「デヴィッド・ボウイ・イズ」の先行内覧会に行かせて頂きました。

このホームページでも、私はファンであることを公言していますが、今回は数行の文章による不思議な御縁でお招きいただきました。

英国の由緒あるヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)が企画し、150万人動員、日本が開催10か国目。
ポップスターやロックスターの展示だと日本では低く評価されがちですが、写真のジェフリー・マーシュさんら優れたキュレーターによる、現代アートの知識と技術の粋を集結させた壮大な異空間展示です(写真は出入り口のみです)。

ボウイファンに限らず、現代アート、ファッション、装飾アート、視覚と聴覚の融合などに関心があれば必見かと思いますし、日本だとデヴィッドボウイというと「戦場のメリークリスマス」や「レッツダンス」というイメージのみで語られますが、現代アートの化学反応であり、現在も影響を与え続けている存在であることを、誰もが感じられる内容になっています。

メモリーウォーク番外編:ゆるキャラの背中Ⅱ

この写真、ここまで来ると、もはやミス・ショットではなく、シャッター・チャンス!
いや、もうスクープ!

思わず「すいません、真後ろの役員の男性の方、申し訳ありませんが、少し…横にずれてもらっていいですか?」とお願いしてまで撮影。
この千載一遇のチャンスを逃すまいと、勇気を振り絞って言ってみて良かった…

初登場のキャラが1匹?1体?増えましたが、これも千葉市関連のローカルキャラです。

063

ゆるキャラ背中大会

一般質問も26日(月)に終了しました。
他の議案の件も含めて、議会の報告を後日させて戴きたいと思いますが、それまでの間、少し番外編の投稿です。

議会質問の準備と並行して、敬老会に出席させていただいておりますが、最近、そこでレアなゆるキャラと遭遇。
気づくと、こんな後ろ姿や形状だけの写真が、なぜか、たまってしまいました。
この写真で名前が分かれば立派な「ゆるキャラ・マニア」です。
でも、これではまるで私が背中フェチみたいですが、単にシャッターチャンスを逃しているだけなんです。

IMG_6688

IMG_6069IMG_5824

IMG_5609

 

ボウイ関連謝辞

DAVID BOWIEの逝去報道により、多くの方から激励の言葉をたくさん頂戴しました。感謝です。
32年間ボウイ一筋だったせいか、高校時代、大学時代、前職時代と様々な関わりの方々から激励、というか心配をお掛けしたようで驚きました。
一番驚いたのは、めったに連絡をとらない親族、兄弟からも?!
昨晩は知恵熱が出ましたが、今朝からいつも通り活動しております。
ありがとうございました。

写真はフェイスブックの最初のプロフィール写真です。
…自分の持ってるTシャツです(「禁煙中」は自作)…さすがに最近着てなかったな…

ちなみに私のフェイスブックでは、ボウイへの追悼投稿を9件(マドンナ、ティナターナー、ユーリズミックス、イギリスのキャメロン首相、ドイツ外務省)、暴走気味に紹介しています。

感謝!看板

 え?まだ着けてなかったの?そんな声が聞こえてきます。気のせいか。
 被害妄想的幻聴が最近ひどくて…
    何の話?看板です。
  新人にとっては、写真・デザインを選び、製造業者と折衝し、そして何よりも、設置していただける建物の所有者の方々に御相談し、設置個所や設置方法を決めていく、そんな過程を全ての設置個所を訪問させて頂く中で学ばせて頂きました。
 当たり前ですが、簡単なことではありませんでした。昨今の突風被害が話題に出れば、当然、それに耐え得る施工にもなりますし。

 そういえば、以前、FBで同級生が「なぜ、ボクサーはいつもファイティングポーズで写真に写るのか」と書込みしているのを見て、「なぜ、議員はいつもガッツポーズで写るんだ?」と自問自答した記憶が蘇りました。

 いや、今はそんなことはどうでもいい(汗)、我に返りました。

まだ実績も何もない自分の看板。設置していただいたことに大感謝です。まじめな話、看板の前に立つと、ここのお宅やお店の方に「うちに置いて良かった」と思っていただけるような議員になろうと、本気で思います。
 自転車のせいか、前を通るたびに緊張しますし。
 ということで、議員の意外なモチベーションの一端を御紹介させていただきました。
 重ねて御礼申し上げます。ありがとうございます!

 

IMG_4226 IMG_4243

愛すべき小道具②〜ギターケース

私は毎朝、ギターケース(ソフト)を背負って、自転車で駅に向かいます。駅に着いて、中を開けたら、中身は「ノボリ」です。
格好つけてる?いやいや、段ボールから始まり、リュックサックも試し、行き着いたのがこれ。多少、目立ちますが、格好どころか、葛藤・苦悩の末です。
目指すはミュージシャン…ではなく、人造人間キカイダー…
ちなみにギターは全く弾けません