Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

祝・優勝!!!

7月25日、東京ドームで第90回都市対抗野球大会の決勝が行われ、JFE東日本(千葉市)がトヨタ自動車(豊田市)を6-4で破り、初優勝を決めました!

永遠に刻まれる令和最初の優勝チーム、JFE東日本、
本当におめでとうございました!

「改憲勢力」という枠組み

私は、改憲論議自体は特段否定しませんが、
国民民主党の玉木代表が改憲に積極的な姿勢を示し、実際に安倍首相と会談するとのニュース。

選挙前に散々報道された「自・公・維の改憲勢力3分の2云々」という枠組み自体が、「全く無意味、見当違いだった」ことを、この記事は自ら証明してくれています。
マスコミが勝手にレッテル張りして、勝手に盛り上がっていた、ということです。
個人的には迷惑で、かなり不愉快でした。

国民民主党の方が公明党よりも改憲に積極的であることは、これまでの経緯や個々の議員の発言から十分あり得る話ですし(それ自体を非難しているわけではありません。)が、・・・
・・・実際、選挙終わって、まだ4日目ですよ・・・。

それにしても、非難はしませんが、この玉木代表の「私は生まれ変わった。」というコメントは(4日目で…)、やめた方がいいというか、少なくともカッコ悪いかと。
大きなお世話でしょうが…、選挙終わってから、勝手に生まれ変わられたら、そこに投票した有権者の立場が…。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072501307&g=pol

祝・JFE東日本が決勝に進出‼︎

#都市対抗野球大会にて
#千葉市 のJFE東日本が決勝に進出!
おめでとうございます!

延長戦でリードされてからの、逆転サヨナラ勝ち。鳥肌が立ちました。
とにかく応援がすごくて、外野席も右翼側はかなり埋まってました。
(SNSには、勝利が決まった瞬間の応援の盛り上がりを、動画で紹介しています。)

決勝は本日18時から東京ドームです!

法務省主唱・社会を明るくする運動

本日は、#稲毛区 保護司会で、
フレスポ稲毛前にて #更生保護女性会 の協力のもと、#社会を明るくする運動 の啓発活動を実施しました。
立ち直りを支える社会へ。

とにかく熱中症リスクが高い日でした(-_-;)

開票立会人

今回の選挙でも、開票立会人をやらせて頂きました。
いつものことながら、稲毛区会場の宮野木スポーツセンターでは明け方前まで作業が。関係者の皆様、大変ご苦労様でした。

そんな時間でしたので、帰路では思わず、
「沈黙(しじま)を破りて 朝日(ひ)は昇りゆく♪」
という母校の歌詞を口ずさんでました。

肝心の開票作業では、前職の手癖か?青年時代の訓練か?最初の投票箱の施錠確認から、いちいち触らないと気が済まないため、周囲を戸惑わせてしまいます。(でも、毎回必ず未施錠箇所が見つかります。)
しんどい作業ですが、このように現場で最後まで立ち会うからこそ、市民と職員のために、議会で改善を求めたくなります。

また、開票立会では、いつも「もったいない」と思う無効票も。
よくある「激励文」を候補者名に添えてしまうケースや、「民主党」は国民民主党の票になっても、「民主」だけでは国民民主党にも立憲民主党にも入らない(案分もされない)などのケースを目の当たりにすると、切ない気持ちになります。

選挙には立候補の受理事務、期日前投票所の運営から当日の投開票事務まで、本当に多くの方が携わり、支えることによって成立するものだと痛感いたします。
とにもかくにも、これで統一地方選挙と参議院選挙が重なる12年に1度の亥年の選挙が終わりました。(衆議院は分かりませんが…。)

すべてのに方々に感謝です。ありがとうございました!

大勝利に感謝、そして次の課題へ

この度の参議院選挙では大変お世話になりました。ありがとうございました。

下記アドレスのNHKニュースを読むと、早速の会談では単なる挨拶にとどまらなかった印象です。
また、記者団への発言など、(珍しく?)随分と山口代表の発言が取り上げられています。

選挙で大勝利させて頂いたことにより、一層、期待や注目が高まっているとともに、何よりも責任・役割がさらに重くなっていると感じさせる記事でした。
負けても「大成果」などと大本営のように常に発表し、誰もそれを批判しない党とは異なり、私は、公明党は負ければ責任を取る、勝てば責任が重くなる、ととらえている党だと考えています。

しっかり取り組んでまいります!

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190722/k10012003421000.html?fbclid=IwAR13LwK1ICChtHFGO_epPR_wGqCBgaLIdkoZrpMS7hqHpeL_O6QkAHVfZ9Y

最終日

比例区候補「平木だいさく」の打ち上げ遊説が終わりました。
ウグイス嬢が終了の告知をし、マイクの音が消え、20時を超えても、聴衆が一向に去ろうとしませんでした。
初めての体験です。
言葉どおり、既にマイクが使えないこの時間でも、まだ「平木だいさく」は、船橋駅で駅頭活動中。

どうか、明日の投票日、比例区は「平木だいさく」を宜しくお願い申し上げます!

自公連立の選挙

今回の選挙戦では、友党・自民党の講演会でも「平木だいさく」比例区候補の演説時間を多く頂き、様々な応援弁士の挨拶を伺いました。
特に石破茂・元幹事長が公明党の立党精神を紹介していたのは、印象的でした。

明日は自公連立の勝利を!
(今井絵理子議員のポーズは手話の動きです。)

残り6日、山口代表、千葉入り!

本日は、9時15分から稲毛海岸駅前で「平木だいさく」比例区候補の街頭演説会を敢行。

「山口なつお」代表(東京選挙区候補)が駆けつけ、直前まで降っていた雨も止み、渾身の訴え。

足元が悪い中、多くの皆様におこし頂き、大変ありがとうございました!
いよいよ残り6日間、頑張ります!

その名は「山口なつお」(なっちゃんの秘話 in 稲毛 )

その名は「山口なつお」。
以下、千葉市稲毛区での「山口なつお」代表の秘話と、私の個人的な想いです。

言わずと知れた公明党の代表であり、私どもの旗頭。

「山口なつお」代表の人望について語り出すと、キリがありませんが、稲毛区に直接関係するエピソードをひとつだけ、「山口なつお」代表からのお許しを頂いて紹介します。

それは今年の冬のことでした。
ここ千葉市稲毛区に、「山口なつお」代表の出身校・水戸第一高の先輩が住んでおられます(党員の方ではありません)。
地域回りの際に、私はその方に自分の公明ニュースを渡しました。その際に「同窓会では、山口さんと会うこともある。」と話されていました。

すると、2月の終わり、私の携帯電話に見慣れない電話番号からの留守電が。
その声の主は
「山口なつおです~。桜井さん、ご苦労様です~。先日・・・」
と。

しかし、「山口なつお」代表が約3000人いる一地方議員、しかも新人議員に直接電話をするということが想像できず、状況も全く理解できませんでした。(疑い深い)

留守録を何度も再生して、確かに「山口なつお」と名乗る声を聞いても、すぐには信用できませんでした(かなり疑い深い)。

着歴に残ったその電話番号が、「山口なつお」代表の携帯番号であることが確認できて、初めて留守電の内容を信用しました(ハンパなく疑い深い)。

留守電の内容の趣旨は、
「山口なつお」代表のその先輩が同窓会の席で、あの時にお渡しした当方の公明ニュースと名刺をわざわざ持参して、「山口なつお」代表に見せて、話題にしてくれたようです。

その先輩のありがたい真心を私に伝えたくて、「山口なつお」代表はわざわざ当方に電話をくれたのでした。
「・・・ご縁を大事に、頑張って下さ~い。よろしくお願いいたしま〜す。」
留守電の締め括りの言葉でした。

まさに人との縁を、真心を、大切にする「山口なつお」代表の日頃からの振る舞いそのものでした。
(その先輩に御礼に伺ったところ、電話があったことを、大変喜ばれたのは言うまでもありません。)

それは、当時、千葉市議会議員選挙に向けて最終盤の準備に当たっていた私に、百人力の力を与えてくれました。
また、市議選の準備にあたってくださった稲毛区の同志の皆様と、例えば移動の車中などで、一緒にこの留守番電話の代表の声を聴いて、ともに奮い立っていました。

現在、参議院選挙の真っ最中、「山口なつお」代表自身も東京選挙区の候補者ですが、全国の候補者のために飛び回り、声を枯らしながら叫ばれています。

その声は、あの東日本大震災の時に
「遅い、鈍い、心がない!」
と、一刀両断し、当時の管直人政権にとどめを刺した、あの凄まじい迫力を、鮮明に思い出させてくれます。

その一方で、
様々な局面でも、常に穏やかで良識をもって、きちんと丁寧に答える姿勢、これが普段のイメージです。

そして、民衆の声をかき消すような声だけは大きい政治家とは対照的に、
「小さな声を」かき消すことなく「聴く」姿勢、「聴く」チカラ、
「小さな声の庶民」と一対一で、また真横で、静かに語り掛ける、あの声がすべてを物語っている気がします。

そんな声を少しでも届けたくて、当方のSNSでは、「山口なつお」代表が留守電で呼びかけて頂き、留守録に残っていた普段の声の一部を、音声ファイルで投稿しました。(このホームページでは音声を流せなくて、申し訳ありません。)

土下座をしてでも、投票をお願いしたい候補というのは初めての経験で、自分でも上手く言えませんが、少しでも伝わればと思います。

東京にお住まいの方、東京にご親族・ご友人がいらっしゃる方は、
どうか東京選挙区の「山口なつお」に、皆さまの一票を何卒、(伏して)お願いいたします!