Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

第3回定例会②SNS相談とその内容・反応

前回の投稿で、このSNSによる教育相談事業の結果について、決算審査特別委員会(教育未来分科会)で明らかにした内容の一部を紹介しました。

この事業については、公明党が全国的に推進してきましたので、千葉市においても導入した結果、「相談件数が、これだけたくさんありました!」と宣伝して、議論を終わらせればよいのかもしれません。
しかし、この事業は、特に国がかなりのスピード感で取り組んできた経緯があり、そのこと自体が評価されるべきではありますが、それゆえに(まだ「粗い事業」なので)実施する現場で、事業をしっかりブラッシュアップする必要があると考えます。
この事業は党の宣伝のためではなく、子どもたちを救うために始めたものですので、その目的を履き違えてはいけません。
そこで、この第3回定例会では会派の代表質問も含めて、このSNSによる教育相談事業の「内容・反応」について確かめました。
相談内容は、友人関係が32.0%、心身の健康などの保健が11.5%、進路などの学業が10.7%、恋愛が8.9%とのことでした。
子どもたち世代のリアルな悩みが反映された結果になっていると思いました。

 
また、利用者の反応は、安心した・スッキリしたなどの好意的な評価が8割以上を占め、再び利用したいとの声が9割以上を占めたとのことでした。これらも評価されてしかるべきだと思います。
これらの「内容・反応」の結果を見ると、やはり、SNSによる相談は、相談の垣根が低くなって、子どもたちにとって率直な相談ができ、その結果、反応も良いのだと思います。

 

 

 

その一方で、子どもたちにとって、本当に深刻な悩みや緊急性のある案件に対して、この事業は「届いた」のだろうか?と思う面もあります。
もとより、悩みの内容というは、本人にとっては軽重はなく、どれも深刻であることは言うまでもありません。
しかし、前回の投稿で「9月1日問題」を指摘しましたように、政策的には外してはならない、見逃してはならない「深刻さ」を見極め、事業を届ける必要があるのも確かです。
そこを現在、検討しています。

 
今回の質疑は、事業の決算という趣旨を踏まえてのものでしたので、この事業が不適切・非効率だったということではない(それどころか、今回の投稿で示したように効果大です。)ので、これ以上の言及はしませんでした。
その自分なりの、現在の答えは、12月の第4回定例会で試みていきたいと考えています。

コメントは受付けていません。