Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

早速、報道に苦言

先ほど統一地方選挙の後半戦でについて、公明党は1222人が全員当選(うち40名無投票当選)させていただいたという御礼を投稿させて頂きました。
で、早速、例によって報道に苦言?

今回の後半戦で公明党は、
・一般市議選の当選者数で7回連続の第1党を達成
・439名の女性当選者数も党派別トップ

しかし、これを報じる報道は私の知る限りでは、どこにもありませんでした。
特に女性議員の数は、選挙前は結構、話題にされているのに、なぜ、その結果は報じないのでしょうか。
間違っても、報道に褒めてほしいなどということではありませんが…事実をどう伝えようとしているのか?。

なぜ、報道の在り方に疑問を抱いたかと言いますと、
前半戦で、公明党は県・政令市で340名を擁立し、338名が当選、2名が落選しました(うち1名は再集計が決定)。
この前半戦の結果について、ある大手新聞が
「公明候補「常勝関西」で落選相次ぐ」という見出しで、本文でも「落選が相次いだ」と書いていました。

私たち公明党にとっては、2名落選の悔しさは表現しきれないほど大きなことですが、
一応客観的な事実報道を建前とする大手新聞社が
340名中の2名落選で、全体の人数を書くことなく「落選が相次いだ」と表現するのは、明らかに印象操作だと思いました。(国語の作文問題として考えれば、明らかにアウトの回答でしょう。)
では、この新聞社は、後半戦の公明党について「全員当選した」と書いたのかと言えば、一切書きませんでしたし。

このような現代社会の情報環境においても、
今朝の駅頭活動の帰りに、私の姿を見かけて、駐輪場のおじさんが
「全員当選だって?すごいね」と、わざわざ声を掛けてくれました。
聞けば、おじさんは大手新聞・地上波テレビ以外にも情報源を持っていました。
そのように大手新聞・地上波テレビ以外の情報源も必要な時代だと痛感させられます。(必ずしもネット情報がいいと言っているわけではありません。介在する「人」が大事だと思います。)

ちなみに、
共産党は、前半戦で県議が減少、政令市も21議席減、後半線でも28人が落選したようですが、しんぶん赤旗では、電子版を見る限り、その減少数や選挙区名は掲載されていませんでした。
私が購読者だったら、フラストレーション溜まるなぁ。
これも独特の情報環境ですね(笑)

コメントは受付けていません。