Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

Archive for 2018年 9月

仙台市視察②荒浜の深沼海岸

#震災遺構荒浜小学校 のそばには深沼海水浴場があります。
震災当時、同じ若林区に住み、働いていましたので、家族で海岸に来たり、青少年と老人ホームの手伝いで毎月のように来ていました。
当時の面影はなく、海岸線を覆っていた防災林もまばらです。
さきほどの
震災遺構仙台市立荒浜小学校の周辺や
この海水浴場の海岸防波堤から撮った、それぞれ30~40秒程度の360度動画をSNS(ライン、フェイスブック、ツイッター)に投稿しています。
現在の状況が一目でわかると思います。
(このホームページでは動画を投稿できなくて申し訳ありません。)

仙台市視察①震災遺構

災害廃棄物対策とともに学びに伺ったのが、#震災遺構 の市立 #荒浜小学校 と、「せんだい3.11メモリアル交流館」。
津波被害の教訓を発信・継承するための施設です。
多くの被害を乗り越え、次代への大切な取り組みをされていますが、関東地方ではあまり知られていない被災地です。

 #震災遺構荒浜小学校には#東日本大震災当時、学校の2階まで津波が押し寄せ、その津波は町を覆いつくしました。
東北の被災地では、かさ上げして再定住する地域もあれば、荒浜のように、災害危険区域として移転した地域など様々です。

「また住み続ける」「もう住まない」どちらも重い選択の7年間です。

合同防災訓練を轟町中で開催

第39回九都県市合同防災訓練が
#千葉市稲毛区 の轟町中学校で行われました。

個人的には、インフラで最も復旧に時間を要するガス配管の作業や、災害廃棄物への対応など地味な場面に注目しましたが、
会派で求めたスタンドパイプも初登場のようで、展示コーナーでは、被災した基地局に代わって空中で電波中継するドローンが実用化へ。
新しい防災技術・動向も要チェックです。

東松島市視察

視察のテーマは #災害廃棄物対策、自主防災組織、震災遺構、都市公園内保育所、ブロック塀撤去費用補助事業など。

東松島市と仙台市に(例によって一人で)視察。2市の共通テーマは災害廃棄物対策です。

特に東松島市は、大震災で通常の110年分の廃棄物を、97%のリサイクル処理。

災害廃棄物への準備と聞くと、縁起でもないと感じる方もいいるかもしれませんが、大震災に限らず豪雨等のあらゆる災害で被災した自治体を悩ませている問題です。

「まずは机をくっつけますか」

視察と言えば「ロ」の字の机の配列を、ぴったりくっつけて担当者と向かい合い

時間を忘れるガチンコの議論。

「公開資料はほとんど目を通して来ています。」

「あんなのは結果論です。現場の実際をお伝えします。」

「どうしてここまで資料提供してくれるのか」

「震災で応援して頂いた全国への恩返しは、経験や教訓を率直にお伝えすることかと。」

いつも尖った視察をしますが、ここまで攻めてくる視察対応は初めて。

シビレました。このためだけに東松島市に行った甲斐が。

感謝です。

こちらの恩返しは、千葉市で活かすことかと。頑張ります!