ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

おまけ:永久カレンダー

GW中に下記のどうでもいい私のつぶやきが、twで妙に拡散されました…ので、一応、HP閲覧者の皆様にも照会させていただきます。
①年末年始やGW(特にハザマ)に、いつも頭をよぎるのは、 大型連休の期間が曜日の巡り合わせに左右される疑問。
1年間に1日(4年に一度は2日)の曜日調整日(どの曜日にもならないブランク日)があれば、永遠に同じ日付に同じ曜日を固定できて、曜日に振り回されないのでは?その方が働きやすい?生活しやすい?
②カレンダー業界の方々に怒られそうなことを書いてすいません(汗)
でも、裁判所も含め公立機関に関わると、その巡り合わせの影響が余りにも大きく、非合理的で…。
まとめると、
(1)大型連休を固定化できるメリットが大きい。
(2)現在はGWのハザマの平日が毎年バラバラで、えてして公的・行政機関の窓口等は大混雑ですが、パターンがバラバラなので、その業務の対応のノウハウが蓄積されにくかったり、その場しのぎになりやすかったりする。(カレンダーの運・不運で片付けられてしまう?)
(3)固定することにより大型連休のデメリットも把握しやすく、同じパターンの積み重ねによって、デメリットの改善・対応が可能に。
   (現在は、どんなデメリットが発生しているかさえ、きちんと把握できていない。でも、前職の絡みで言えば、少年法のタイトな調査期間との兼合いだけでも、かなりデメリットを感じていました(特別措置法を作ってほしいと思ってました。))

曜日の歴史自体は3千年くらいあって、宗教性も帯びるなど重い歴史ですが、現在の日本の運用は明治期からです。
改正可能かも??

コメントは受付けていません。