Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

#成人雑誌の陳列対策 (12):今回の新しい局面

今回、私が提案した陳列対策は、従来からの議論とは大きく異なる点があります。
正直言って、全てを最初から自覚的に行っていたわけでなく、行動しながら考えていた(特にSNSやマスコミの方と意見交換した)次第です。

意外に一番のポイントは下記①です。
この対象年齢がずれていることに気付かないと、議論もずっとずれる。
(「エロを隠すべきではない」とよく言うが、6歳にも見せますか?
私の問題提起はそもそも16、17歳ではなく、お母さんに連れられて来店する世代です。)
(従前→今回の陳列対策)

①議論の対象年齢
 18歳未満、中高生→未就学児童、小学生(とその母親。外国人観光客)
②議論の性質
 図書の表現規制→商品の陳列対策
③具体的措置
 現在の陳列→現在の陳列(プラス)部分的カバー
④コンビニの社会的位置づけ・客層
 24時間営業の男性独身者・青年のお供
 →乳幼児から高齢者までの全世代型まちのホットステーション
  (共働きママさんの急増による子連れの急増)
⑤決定者(根拠)
 県知事(条例)→コンビニ店オーナー(経営方針)
⑥ゴール
 有害図書追放による青少年の健全育成
 →見たくない人への配慮による共存

・・・で、問題提起を受け止めていただけたミニストップさんは、
一気に飛び越えて、撤去まで決断されたという理解です。

コメントは受付けていません。