ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

稲毛区内中学校武道場火災の原因に関する報道(途中経過)

草野中学校の火災について、下記の千葉日報の内容は無料公開記事なので、そのまま転載しますが、・・・

この記事から分かるのは、
①警察は出火原因を特定していないが、放火の可能性は低いと見ている
②焼け跡からタバコの吸い殻が発見されている
③学校の調査では、武道場でタバコを見かけた部員はいない
の3点です。

要は、いまだ途中経過という状態です。
肝心のタバコと火事の因果関係は不明です。

単に「タバコがあった」だけでは意味はなく、タバコで短時間に道場が全焼する現場の条件がそろっていたのか、調べる必要があります。
このようなケースだと、火災原因については、消防で様々な実証実験を行わないと分かりませんが、この検証にも時間を要します。

いずれにせよ、生徒たちへの影響を考慮して、慎重に情報を管理している印象ですが、地元稲毛区というだけでなく、私が所属する委員会の案件にもなりますので、最終的な結果の詳細はきっちりと報告させていただきたいと思っています。
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/447233

 焼け跡からたばこ 千葉市・草野中武道場火災


 

2017年10月20日 05:00 | 無料公開

 

 9月に千葉市立草野中学校(同市稲毛区園生町)の武道場が全焼した火災で、焼け跡からたばこの吸い殻が見つかっていたことが19日、関係者への取材で分かった。学校敷地内は全面禁煙。千葉北署は「出火原因はまだ分からないが、特定するための材料の一つにはなる」としている。

 同署などによると、火元とみられる更衣室跡から空き缶に入ったたばこ数本が見つかった。同署は「放火の可能性は低い」とし、失火とみて消防とともに引き続き調べている。

 火災は剣道部の練習終了直後に発生。同校は19日、「部員全員から個別に聞き取りを行ったが、武道場でたばこを見かけた生徒はいなかった」と話した。

 火災は9月10日午前11時50分ごろ、同校武道場から出火し、軽量鉄骨造り平屋建て約180平方メートルを全焼した。同日は午前9時から剣道部が使用し、練習を終え、男性顧問が施錠して職員室に戻った直後に火災報知器が作動した。

コメントは受付けていません。