ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

真面目すぎる?候補

本日は稲毛区内各地において、小選挙区千葉1区の自民党公認・公明党推薦「門山ひろあき」候補の個人演説会に出席。
公明党の比例区南関東ブロックの角田秀穂候補も駆けつけ、
「小選挙区の門山ひろあき」候補と、「比例区の公明党」がともに勝ち抜くことを誓い合いました!

門山ひろあき候補については、「真面目すぎる」との御意見をよく聞きます。
確かに、演説内容も笑いを狙わずに、ひたすら政策を語り、しかも内容がシビア。
選挙活動も、弁護士としての誇りからか、公職選挙法を最大限厳しく解釈した運用で、驚くほど自身を縛っています。
それが先の「真面目すぎる」という評価、というか「苦言」になっているのかもしれません。

しかし、昨今の政治不信を考えると、「真面目すぎる」というのは難点ではなく、現在の政治において必要かつ貴重な素養だと感じます。
政治に対して、ワイドショー受けする言動やパフォーマンスを(特にマスコミは)求めすぎているのでは?それに慣れ過ぎているのでは?
それでも、選挙情勢の急激な変化を見ていると、劇場型ではなく(食傷気味?)、実務家が求められ始めている予感がします。

そう考えると、この「難点」は長所、美徳であり、「苦言」は誉め言葉に聞こえます。

前職で青少年との接し方について学んだこと。
嘘は厳禁。
約束違反や前言撤回は、ごまかさずに誠実に謝る。
演説会場で、そんなことを思い出させてもらいました。

私自身自らの襟を正しながら、
全国の模範となるような(美しすぎる、ではなく)「真面目すぎる」国会議員を
この千葉1区から勝ち抜かせて頂きたいと、心から思いました。

どうぞよろしくお願いいたします!

コメントは受付けていません。