ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

#成人雑誌 の陳列対策(6)そもそも論①

この連載風のつぶやき、まだ終わりません…

思考の試行ですが。
成人雑誌の問題で、憲法21条が保障する「表現の自由」によって反対する立場があり、結構当たり前のように論じてますが、

「商品陳列=表現の自由」
は、本当に正しいのでしょうか?

ほかの食料品や日用品などの商品と同様に、
商品の外装のどこを見せて、
どこに置いて売ろうが、
それは店の権限のはずでは。
行政もメーカーも店に対して権限はなく、「お願いベース」しかありえないのでは。
「表現の自由」とは無関係では?
となると、
千葉市が、コンビニに対して、「任意」で市民への配慮を求めているのは妥当ですが、
一方、業界が「表現の自由」で反対するのは、ミスリードということになるのでは?
他の商品と同様に、単に店が陳列方法を判断するだけの問題を、まさか確信犯的に誰かがすり替えた?

写真の陳列で
「紅茶が見えにくいのはおかしい」、
「下のデザインが見えないのは、表現の自由への侵害だ」
とは言わないですもんね。

…にしても、コーヒー缶、似すぎ?余談でした…

コメントは受付けていません。