ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

薬物依存者の家族会

「千葉菜の花家族会」の代表の方々と、千葉市当局へ要望を届けました。

薬物依存回復施設・ダルクは、社会的にかなり知られてきましたが、その家族会の存在や活動は、殆ど知られていませんでした。

一般市民の生活に広がっている薬物依存は、依存者本人の違法な薬物探索行動が問題となるだけでなく、共依存により、家族などのあらゆる周囲を引きずり込みます。

依存者には精神論ではなく、治療が必要ですし、責任を背負いこんだ家族には、孤立させないネットワークや「場」が何より大切です。

社会全体にとっても、「犯罪」という理解だけでなく(犯罪という面では売買の現場だけではなく、テロ等準備罪によって、薬物の輸出入・売買を企てる犯罪集団そのものへの、より一層厳しい取締りが期待されます。)、
臨床的には「病気」であるという本質を、正確に伝えていく必要があります。

私からは、矯正施設(塀の中)と保護司(塀の外)、国と地方自治体や地域医療、それぞれがやるべきことや、できないことを整理し、お伝えしましたが、まだまだ研鑽が必要と痛感しました。

当事者の声をしっかり受け止めて、人を、社会を、薬物から守っていきたいと思います。

その意味で、社会全体にとっても、親の会は重要な存在と考えています。す。

コメントは受付けていません。