ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

成人向け雑誌の陳列対策(予算案新規事業)について②議会質問

写真は、成人向け雑誌の一部を隠すカバーを最初に導入した、堺市のコンビニでの陳列風景です。

えてして、成人向け雑誌を「隠す」という言葉だけが独り歩きしますが、カバーを付けていても、これぐらい露出しています。その意味において、既に不快に感じ、「もっと隠した方が良い」という意見も出てくるかもしれません(-_-;)
いずれにせよ、抽象的な空理空論は好みません。このように現場に即した議論が大切です。
言いたいことは山ほどありますが、肝心の趣旨をお伝えすべく、この対策を提案した昨年の私の議会質問の抜粋と、それに対する当局の答弁を議事録から紹介させていただきます。
平成28年6月17日第2回定例会
◯1番(桜井秀夫君)
 (中略)まずは、成人向け雑誌の店舗陳列についてです。
 コンビニエンスストアで売られている雑誌の中に、いわゆる成人向け雑誌があり、それらが分離して陳列されている光景を皆さんごらんになったことがあると思います。
 (注:プロジェクター表示)このような光景です。これらは既に日常の光景として定着しておりますが、これは千葉県青少年健全育成条例施行規則第2条の3、有害図書等の区分陳列の方法の(3)以下の規定に基づいて行われているものと考えられます。
(中略)
 しかしながら、コンビニエンスストアにとっては、若者や独身者を主たる客層にし、スーパーよりも夜遅くまで稼働していることで差別化を図ってきた創立当初の姿は遠い過去の話で、現在のコンビニは、町の安心・安全拠点として、子供からお年寄りまで、さまざまな年齢層、性別、まさに多様な客層を相手に展開しております。これまでは青少年の健全育成のために有害図書の区分陳列を行ってきたわけですが、このような社会状況の変化を背景に、私のもとに届けられる市民の皆様からの声としては、子育て世代の御両親、特にママさんから子供たちに見せたくない光景として苦言が呈されております。
 店のほうは、区分陳列、すなわちゾーニングを条例どおり行っていただいていても、お子さん連れの保護者からすると、トイレを最初に使いたくて足を運んだ先に結果的にまとまって陳列されており、子供の視界に非常に入りやすい状態になっているということです。しかも、成人向け雑誌といっても、このようなアニメっぽい画風といいますか、いわゆるロリータ系の画風は児童、幼児にとって、自分たちと関連のある作品、子供向けの絵本や漫画、アニメと一見勘違いしやすいため、見入ってしまっているお子さんの手をお母さんたちが引っ張って、その場から引き離す光景も目にします。
 また、多様な客層という意味では、来日する外国人観光客にとっても、日本のコンビニのトイレは大変きれいで、性能がよく、深夜でも安全に使えるのに、何と無料だと。恐らくチップが要らないという意味だと思いますけれども、そのような極めて高い評価の口コミが流れており、東京オリンピック・パラリンピックでも重要な拠点となることは容易に想像できます。その東京オリンピック・パラリンピックで来日する外国人観光客にとって、そのお目当てのトイレの近くに、いわゆるポルノ雑誌が陳列されていることは、日本の印象としていかがでしょうか。やはり、日本は児童ポルノで問題になったように人権意識が低いと、そのように思われることは、日本にとって、千葉市にとって望ましいことではありません。そこでお伺いいたします。
 千葉市として、コンビニエンスストアでの成人向け雑誌の区分陳列について、どのように把握し、評価しているか、お聞かせください。

 
◯こども未来局長(山田啓志君)
 コンビニエンスストアでの成人向け雑誌の区分陳列について、どのように把握し、評価しているかについてですが、本市では、青少年サポートセンターを初め、青少年補導員が行う環境実態調査や各地域の青少年育成委員会による環境浄化活動など、各関係機関、団体が実施している巡回等により実態把握に努めております。
 多くの店舗においては、千葉県青少年健全育成条例の規定に基づく区分陳列を行っており、一定の成果を上げているものと考えております。しかしながら、配架手法や子供などへの配慮についての具体的規定がなく、十分な対応がなされていない事例も散見されるため、今後、さらなる効果的な具体的な手法について検討し、対応の強化や改善手法を検討する必要があると考えております。

 
◯1番(桜井秀夫君)
 御答弁いただきありがとうございました。
 成人向け雑誌の陳列状況について取り組まれている巡回の状況はよくわかりました。では、先ほど紹介した青少年健全育成条例を所管する県ではなく、市では何ができるかを考えたいと思います。
 先日、私は有害図書類を青少年に見せない環境づくりに関する協定をコンビニエンスストアと全国で初めて結んだ大阪府の堺市へ視察で行ってまいりました。
 包括連携協定を結んでいる堺市とファミリーマートは、3月16日に新たに本協定を締結し、同日、最初に1店舗で開始、3月末で10店舗、今後承諾が得られた店舗から順次拡大し、最終的に堺市内の全店舗で実施する予定としています。
 具体的な対応は、該当する有害図書類にこのようなフィルムをかけて表示板も掲示し、協力店舗であることがわかるように、女性と子供に優しい店と書いたシールを店舗入り口に張り、堺市のホームページで広報をするとしております。聞けば、本事業の年間予算は97万円のみだそうで、政令市の予算規模としては極めて少ない予算であり、当初予定年度を前倒しして実行されています。
 こちらが、その現物になります。本市の予算書をくるむと、こういう形になるということになります。で、実際の運用はこのようになっております。
 私が堺市役所の後にお伺いしたのは、その第1号店である中百舌鳥駅北口店です。そこでファミリーマートの関係者の方にも現場の実情を伺いました。私が気にしていたのは、現場で従事するコンビニの店員さんたちの手間でしたが、成人向け雑誌に限らず、一般の雑誌には立ち読み防止のための包装等、さまざまな手間が施されており、それらに比べれば、堺市が用意したフィルムは非常に簡単にセットできるよう配慮されているため、大した手間にはならないと、ファミリーマートの関係者の方は評価しておりました。
 そこでお伺いいたします。
 堺市のように該当図書等にフィルムをかけるなどして、青少年だけでなく育児世代や外国人旅行客にも配慮した措置をすべきと考えますが、いかがでしょうか。

 
◯こども未来局長(山田啓志君)
 2回目の御質問にお答えします。
 成人向け雑誌について、堺市のようにフィルムをかけるなどの配慮をした措置をすべきとのことですが、先行している堺市の取り組みを含め、今後、効果的な手法について調査研究を行うとともに、子供等に配慮した具体的な配架方法や学校近隣の店舗は成人向け雑誌の取り扱い自体を自粛いただくなど、日本フランチャイズチェーン協会等の関係団体に対し協力を依頼してまいります。
 以上でございます。

 
◯1番(桜井秀夫君)
 御答弁いただきありがとうございました。
 成人向け雑誌の陳列について、まずは、早速、学校近隣の店舗への取り扱いの自粛を依頼していただけるということですので、私も結果、状況などを見守ってまいります。先ほどの実物や映像にはさまざまな感想があろうかと思います。ぜひとも、この当たり前になってしまった日常の光景を改善すべく御尽力願います。
(途中の発言)
成人向け雑誌の陳列方法は、もともとは青少年を有害図書から守ると、そういった性質のものでしたが、今回、問題提起している意図は、青少年を守るというだけではなくて、ほかにも守るものを想定しております。つまり、健全育成条例のように専門的にはパレンス・パトリエ、国親思想と言って、国や社会が親代わりになって子供を有害環境から守るという従来からの考えだけでなく、今回は見たくない権利、自分の子供に見せたくない権利を守るべきとして考えています。
 そもそも成人向け雑誌を読んだり、買ったりする人の権利もあるわけです。そのような意味では、たばこをめぐる喫煙権に対する嫌煙権と似た構図です。異なる権利がぶつかっているわけです。そこで生み出された知恵が、オール・オア・ナッシングやゼロサムゲームではない、分煙という考え方であり、先ほどから紹介しているゾーニング、成人向け雑誌について言えば区分陳列となります。ですから、今後は、成人雑誌を区分陳列するあり方、それを見たくない方々と共存できるあり方を具体的かつ丁寧に議論することが必要となります

コメントは受付けていません。