ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

18歳、19歳に特化した世論調査の不可解な扱い

 4月8日に発表された朝日新聞の標記調査結果は、極めて希少価値が高いデータなのに、異様なまでに等閑視(無視?)されている。なぜ?

 テレビでコメンテーターとしてよく登場する共同通信社の田崎史郎特別解説委員は、本当はどこの報道機関も知りたいのに、新有権者に特化した世論調査が行われない背景について、千葉市議会議員全体への講演会で以下のように述べていました。
 新有権者のデータは過去にないので、比較ができない、比較を利用できないデータは扱いにくい、過去の蓄積したデータの価値も下がる、とのこと(要は「新たなデータを自信を持って評価提示できない」と私なりに理解しました。)。
 
 そういうことなのか?それにしても話題にならないだけでなく、さらにもう一つ不可解なのが、当の朝日新聞の対応。
 事前に「自民党20%、民主5%、公明2%、詳細は近日掲載します」とだけ予告を打っていたのに、当日ふたを開けてみたら、いろんな若者の回答を掲載しながらも、かなり関心の集まる政党支持率については、4面か5面の奥の方に下げて、なかなか見つけられない扱い。

 悪意?単なる不慣れ?よくわかりませんが、

政党にとっても過信したり、悲観したりすることなく、きちんと数字を分析すべきと考えています(今回の数字だけで語るのは困難かもしれませんが…)。そうすることによって、「ないものねだり」や「宝の持ち腐れ」を防ぎ、他党以前に自らの短所を自覚し、長所を伸ばすきっかけになるかと。
ということで、参考までにその数字のみ掲載します。評価は載せません。

支持政党は(%)、
自民20▽民主5▽公明2▽共産1▽維新の党1▽おおさか維新の会1▽日本を元気にする会1▽改革結集の会0▽社民0▽生活0▽元気1▽日本のこころ0▽新党改革0▽その他の政党0▽支持政党なし64▽答えない・分からない5

そして、仮にいま投票するとしたら、との問いには、
自民46▽民主18▽公明4▽共産2▽維新の党2▽おおさか維新の会5▽改革結集の会0▽社民0▽生活1▽元気2▽日本のこころ2▽新党改革1▽その他の政党0▽答えない・分からない17

コメントは受付けていません。