ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

第4回 指定廃棄物長期管理施設に関する説明会(略称)

 「千葉県内における指定廃棄物 長期管理施設の詳細調査 候補地選定経緯等について」に参加しました。
 環境省によるこの説明会も回数が重ねられてきました。さすがに、福島県から持ち込まれる廃棄物ではなく、千葉県内で発生した指定廃棄物であることや、原子力施設から発生する高レベル放射性廃棄物ではないことは、既に承知している上での質問が続きました。

 それでも、住民感情として、「こんな施設を地元に持ってこないでほしい」と思うのは至極当然のこと。
 その一方で、千葉市内に7.7トン、千葉県内に3687トンが既に存在している、この指定廃棄物を今後どうするのか。

 この連立方程式を解く現段階の解として、一か所集中管理ではなく、現在の分散保管を国によって維持・強化、そして再協議することを千葉市議会は国に求めたわけです。

 政治というのは連立方程式を解くような作業だと、つくづく痛感します(安保も?)。賛成・反対だけでなく、知恵を出し合って、解決の方途を探らなければならないと感じました。

コメントは受付けていません。