ブログバックナンバー
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

議会質問②(当然、長文)

 16日火曜日議会での一般質問の続報です。
 最初の質問で、「懸案である発達障がいの早期発見について、国の機関である法務少年支援センターに援助依頼するための協議をする」ことを提案しました。
 この提案に対して、所管局長から「大変参考になりました。」、「センターとの連携の可能性を検討して参ります」との、ギリギリの極めて前向きな答弁を戴きました。
 そして、先日お伝えした通り、終了後に、熊谷市長が当方の議場席に来られて。「桜井さん、ありがとうございました。法務少年支援センターとやりましょう。天台駅もやりましょう。」(全文)とエールを送ってくださいました。
 即断即決の市長のスピード感と、笑顔から伝わる「熱さ」に驚きました。これで少しでも苦しんでいる子供に支援が行き届くようになれば、それに勝る幸せなし。しかし、そのために詰めることはまだまだある。
 私なりに役所のツボを見極めて、今回の提案を
①人件費が掛からない、つまり財源不要な政策である。
②個人情報の保護について安心。指導不要。先方の方が詳しい?
③心理技官はいわゆる二次障害(非行、引きこもり等の社会的不適応)に関する貴重な専門的知見を有している。
以上のメリットから薦めました。
 また、今月6月1日から新法が施行されて、そこでセンターによる地域社会への支援が明文化されており(131条)、それに基づいて、本省ではなく、千葉法務少年支援センターと協議するように提案しました。
 ちなみに、心理技官がいる他の国立機関にそのような地域支援の枠組はなく、依頼できるのは本センターのみで、例えば千葉保護観察所も千葉市内にあり、心理技官が勤務することもありますが、地域支援どころか、逆に地方自治体が観察所に協力する枠組しか、更生保護法にはないのです。
 センターの方、何とぞ宜しくお願いいたします。まずは協議を!

コメントは受付けていません。