第35回九都県市合同防災訓練が、千葉市立みつわ台中学校とみつわ台南小学校で実施され、参加・観覧しました。
 想定は、東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3規模の推定、千葉市内では震度6弱以上の揺れに襲われ、市内全域で家屋の倒壊や火災をはじめ、道路の損壊、電気・ガス・水道などライフラインにも被害が発生している状況での訓練でした。
 会場内には、初期消火訓練や心肺蘇生法の実習、地震が体験できる防災普及車などの展示・体験コーナーがありました。私は防災普及車に乗り震度7の揺れを体験しましたが,とても立っていることができない衝撃を体感しました。
身の安全などの適切な対応を図るためには、日ごろから災害に対する備えとともに訓練を重ねることが必要であることを再確認しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
千葉市 村尾伊佐夫
muraoisao@galaxy.nifty.jp