10月9日から11日の行程で~令和元年度保健消防委員会の行政視察に行ってきました。

 

9日は北九州市の産業医科大学へ伺って、大和 浩教授から「受動喫煙対策について」医学的、科学的見地から様々な指南を頂きました。

20191009_15295820191009_153107

 

委員会の委員長はじめメンバーとの総意で、駅前の新たな喫煙所を設置させないこと。

海浜幕張駅前の喫煙所についてもオリンピック開催期間は閉鎖にするよう求めていくことになりました。

 

市民の健康を命を守るための取り組みをさらに加速化すべきという強い応援を大和教授より頂くことができました!

保健消防委員会として委員長中心に実現に向けて取り組んで参ります。

 

 

10日は午前中に北九州市の救急ワークステーションに伺って、その取り組みについて消防局の職員から話を伺いました。

119番の通電が入ってから、病院搬送までの時間が政令市で一番短いのが北九州市とのこと。

20191010_10112620191010_103309

 

病院の数が多いこともありますが、市内の病院の2次病院全てが救急搬送を断らないとのことで~そのために日頃から救急ワークステーションでの取り組みと共に、救急車に医師が同乗するなど取り組みを行っていました。

更に、北九州市の消防局ではJICAからの要請を受けて~昭和63年から開発途上国の消防関係者の研修などを行っており、そうした取り組みが消防職員の技術力や職業意識の向上に関係しているのではないかとの印象を持ちました。

 

午後から移動して別府市役所に伺って

「共生社会実現への取り組みについて」*ともに生きる条例について所管より話を伺いました。

 

20191010_14481220191010_144819

 

トップダウンの意味合いが強い印象を受けましたが、平成26年4月に条例が制定されていました。

差別事案を解決すための取り組みや、親亡き後等の問題を解決するための取り組みなど千葉市で実現するには課題が多いと思われますが、先進的な取り組みは参考になりました。

 

 

11日の最終日は午前中に大分市の「おおいた動物愛護センター」に伺って、現場を拝見しながら話を伺いました。

 

20191011_11131320191011_093654

20191011_095111

 

大分県と大分市の共同で運営され、今年の2月にオープンしたばかりの施設でした。

千葉市でも犬・猫の殺処分がゼロになっているところですが、施設の老朽化が著しく、場所の変更や建て替えを含めた検討がなされると伺っており、少しでも参考にすべきと視察事項になったと考えます。

 

実際には整備された背景や県と共同など異なる点も多く、殺処分も未だ行われている現状は直ちに参考にできることではありませんが、こうした施設もトップダウンで整備されたとのことであり、やはり『人』で決まることを再確認した視察となりました。

 

台風19号が近づいている状況で、私を含めて~保健消防委員会のメンバーも気が気ではない感じでしたが、何とか天気が変わる前に帰葉することができました。

 

行政視察に協力いただきました、各市の職員の皆様に感謝いたします。

視察させていただいた先進的な取り組みを、参考にさせて頂いて政策提案に生かしてまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net