12日午前10時より、地方創生・オリンピック・パラリンピック調査特別委員会のメンバーとして、中央区の松が丘小学校に伺って、パラリンピックの競技種目である「シッティングバレーボール」の授業を視察させて頂きました。

20181119_103306

 

 

その前に「オリンピック・パラリンピック教育の推進について」所管より説明をして頂きました。

◎オリパラの実施方針について

◎千葉市内全小中学校でのパラスポーツ授業の取り組みについて

 

千葉市オリパラ教育実施方針は平成28年から準備され、市内の公立学校171校をオリパラ教育実施校とするなど、政令市の中でも先進的な取り組みをされているようです。

20181119_103048

 

パラリンピックの4競技の会場が千葉市内で実施されることを活かして、オリパラ教育を授業に位置付けての取り組みと伺いました。

 

20181119_105059

 

子ども達の競技の様子も、体育館で拝見させて頂き、何人かの議員も子ども達と一緒にシッテイングイバレーを行う経験もさせて頂きました。

 

いづれにしろ、スポーツを通じて障がいをもって生きることや障がいが一つの個性と考えられる共生社会への教育こそ、オリパラのレガシーになるべきものと考えます。

 

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net