15日午前10時半より午後3時近くまで、議会の保健消防委員会のメンバーと千葉市消防学校に伺って校長・副校長・教務の方々から話を伺いました。

IMG_0328 (002)

緑区平川町にある千葉市消防学校は、平成8年に開校されて既に20年が過ぎており老朽化もみられますが、大変上手にメンテナンスをしながら使われているという印象を持ちました。

 

IMG_0281 (002)

 

10時半少し前から施設の概要について説明をして頂き、その後庁舎の中や学校施設、ヘリポートや整備工場まで見学させて頂きました。

 

消防学校の生徒と一緒に食堂で昼食を頂き、大訓練場で防火衣を装着して頂き、放水訓練や煙の中での行動体験もさせて頂きました。

 

防火衣はや消防署員が身に着ける装備は大変重く約20キロから25キロくらいあると伺いましたが、動くだけでも大変な状況でした。

IMG_0326 (002)

 

 

更に、放水訓練は、ホース自体が大変な重さであり~少し持っただけでもずっしりと重く~傍で見ていると簡単そうに見える動作も実は大変な訓練の上に成り立っていることを思い知らされました。

 

 

 

改めて、消防に従事されている職員の皆さんには頭が下がりました。

m(__)m

 

 

体験訓練の後は、救助訓練が行われている消防学校内の各所をメンバーと回りながら視察させて頂きました。

その後、管理棟に戻って質疑応答をさせて頂き解散となりました。

 

消防学校の校長や教員は定期異動で消防局の人事課が決めることや、教員定数については国の基準があるものの千葉市では若干少ないことが分かりました。

また、学校の教育体系は5教育15科19過程で、初任教育は初任科として6か月800時間の座学の教育と10月から翌3月までは各消防署に配属され1年間をかけて行われるとのことでした。

 

保健消防委員として大変貴重な経験をさせて頂きました。

これまでも、消防職員の皆さんには敬意を払ってきたと思いますが・・・本日の視察を通して消防職員の皆さんに対する見方が変わったように思います。(#^.^#)

 

視察に協力頂きました消防職員の皆さんに感謝申し上げます。

一日大変にありがとうございました。m(__)m

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net