11月5日~6日の2日間にわたり~地方から考える「社会保障フォーラム」事務局主催のセミナーに出席してきました。

 

今回のテーマは1日目の5日は

「来年度概算要求」・「これからの『医療』の話をしよう~医療崩壊でも幸せになった?まち『夕張』から~」・「これからの社会保障を考える」

2日目の6日は

「子育て支援」・「認知症対策と地方自治体の役割」・「国民健康保険と地方行政」

以上の6つの観点からの講義をそれぞれの専門家より伺いました。どの講義も、実際に事業に携わっている厚生労働省の審議官や課長、補佐等の方々であり、大変わかりやすく話を聞かせて頂きました。

12月の代表質問に少しでも活かせるようにしっかりと整理するつもりです。

 

全国各地から地方議員が集まって聴講しており、講義の後はそれぞれ30分の意見交換が行われましたが、人口規模や財政状況の異なる議員の質問は、自分だけ了解すればいいものではないことを配慮出来る議員が少ないことが残念でした!

 

会場は神田のWTC内神田ビルで行われましたが、行き帰りが朝晩の通勤ラッシュにぶつかり、東京通勤の方々の苦労を垣間見た思いでした。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net