結党50年~千葉県下の公明党議員が一同に会しての『夏季議員研修会』が千葉市内のホテルで行われました。

 

お忙しい中、公明党本部より公明党代表山口那津男参議院議員も駆けつけて下さり、「立党精神を忘れることなく、50年の歴史の重みに応えられる議員集団になるためには、国民の多様なニーズをしっかり受け止めるセンサーを研ぎ澄ますことが重要であること」更には、安全保障を巡る様々な公明党としての取り組みについて話をして頂きました。千葉での議員研修会で話をしてから直ちに広島に向かわれるとのことでした。

 

更に研修内容としては~厚生労働省社会・援護局保護課長の大西氏からの「福祉の再構築~新たなセーフテイネットとは」の講義を頂いたほか「地域で語れる実績をつくろう」と題して実行委員のメンバーからの講演がありました。

 

富田千葉県本部代表からは、上半期の当選議員の紹介、統一外選挙候補20名の紹介、公認された統一地方選挙の県会議員8名紹介を行って頂き、代表決意を千葉市花見川区から立候補する田村こうさく氏が行いました。

更に富田県本部代表からは「あえて一歩挑戦する戦いを!」との言葉がありました。

 

下半期の戦いの出発として、千葉県下の156名の議員が心を一つにした議員研修となりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net