待望久しかった『高等特別支援学校』が、2年前倒しで開校されることとなり、本日第1期生の入学式が併せて執り行われました。

野口校長をはじめ教職員、入学生32名が入場された後~式次第に沿って入学式が行われました。

 

真砂第二小学校のあと施設を活用した複合施設として~平成25年度に千葉市立養護学校真砂分校の開設され、本日~千葉市立高等特別支援学校が開校となり、来年度26年には教育指導相談教室と日本語指導通級教室が開設されることとなっております。

 

千葉市立としては、初めてとなる高等特別支援学校に多くの期待が寄せられるところであります。

 

伸び伸びと、そして明るく学校生活を楽しみながら、それぞれの目標が明らかになる教育の取り組みを期待するところであります。

ご指導に当たられる、学校関係者の皆様のご苦労に敬意を表すると共に~子どもたちをどうぞ宜しくお願いします!という気持ちで皆さんの姿を拝見しておりました。

 

お招きを頂きありがとうございました。これからも、引き続き取り組みを見守ってまいります。

 

蛇足ですが・・・来賓席の市議会議員の席の空白が目立ちました。せっかくの式典が興ざめです。それぞれの理由がおありと思いますが、出席の通知を出して多くの欠席があるのは如何なものでしょう。同じ議員として再考を望むものです。。。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net