午後1時から中央区のホテルで開催された~淑徳大学コミュニテイ政策学部主催にの「見守りと支援を考える」フォーラムに参加してきました。

 

高齢者の社会的孤立を防ぐための取り組みは、それぞれの自治体の課題でもあり、題名にひかれて参加させて頂きました。

 

現場からの報告として~松戸市の常盤平団地自治会の取り組みや、岩手県立大学の社会福祉学部教授の岩手県・青森県での見守りシステムの取り組み、岩手県におけるヤマト運輸職員による「ヤマトまごころ宅急便」の取り組みなどの話の後~休憩をはさんでそれぞれの報告者をパネリストにしたパネルデスカッションが行われました。

 

それぞれの立場で、高齢者の見守りについて熱く語られる姿には頭が下がりましたが、千葉市のような都市部における見守りの取り組みのヒントになればと思って参加しましたので、若干期待外れの感は否めませんでした。

 

フォーラム参加後、公明党県本部の組織局の取り組みについて幹事長・事務長と懇談の時間をとって頂き帰路につきました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net