ハーモニープラザ多目的ホールで開催された「こころの健康教室」にお招きを頂き参加させて頂きました。

 

第15回を数える「こころの健康教室」は~NPO千家連・NPOけやきと仲間の皆さんの協力を頂き、市民の皆さんへ精神障がいへの理解を深めて頂くための催しとして、毎年行われております。

本年は、中村古狭記念病院精神科医の井貫正彦先生より『メンタルクリニックで使う薬の話』をテーマに講演を頂きました。

 

多くの内容は、医療の現場にいた私には確認の内容ではありましたが、新薬など最新の精神科のくすりの話しは、大変勉強になりました。

 

一般の市民の皆さんには多少難しかったのでないかと思いましたが、参加された皆さんはいかがだったでしょうか?

 

周りの人が判断しにくい精神の障がいは、出来るだけ多くの理解者を作ることが重要となります。千葉市としても様々な機会を提供して精神障がい者への理解を深める施策の推進が求められていると考えます。

しっかりと取り組みをしてまいります!

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net