公益社団法人認知症と家族の会千葉県支部主催による~『ひとごとではない!認知症』と題された記念講演に参加させていただきました。

 

千葉市文化センターのアートホールで12時30分から開会され16時まで~佐倉市の南座の皆さんによる認知症の啓発劇や~川崎医科大学神経内科特任准教授の片山禎夫医師の基調講演~「認知症の夫と共に」と銘打たれたシンポジウムなど~大変盛りだくさんの内容ではありましたが、聴き応えのある講演会でありました。

 

千葉市にも近い将来訪れる超高齢社会に向けて、認知症対策は市を挙げて取り組んでいかなくてはならない事業であると実感しています。

様々な機会をとらえて、どうした取り組みが必要なのか、行政として何が出来るのか、市民の皆さんにどのように協力をして頂くのか等~早々の議論が不可欠であると考えます。

 

議会での政策提案ももちろんのこと、様々な立場の方々の話を伺うことが出来て参考になりました。

11月10日にも市民公開講座に認知症医療が取り上げられると伺っています。出来るだけ多くの皆さんに参加して頂ければと思います!

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net