31日の午後からは、場所を移動して枚方市の『ひらかた・にじ福祉工場』に伺いました。

  

大阪府枚方市は人口41万人、ひらかた・にじ福祉工場は「障害者就労継続支援A型」の事業を行い、利用者の自立を目指して、就労の機会を提供を行うシステムの構築がなされていました。

 

主な業務内容は給食の調理、配送部門、事務部門、清掃部門、作業部門に分かれており、それぞれの部門で求人要望に応えて業務を拡大しながら、就労支援に取り組まれていました。

 

1日500食の弁当を作って、販売しているとのことでしたが、工場長をはじめ、職員の皆さんの熱意が障がいを持つ方々の雇用拡大につながっていることを実感しました。

就労に関する支援は、きめ細かく行うことがなによりですね!

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net