午前中に会派の打ち合わせを終えた後~午後1時より、公明党の会派のメンバーと所管の担当である藤代副市長へ『避難所の一層の耐震対策を求める要望』に伺ってきました。

 

首都直下地震や三連動地震の発生が懸念される昨今、避難所などの役割を果たす学校や、公共施設の耐震対策は喫緊の課題となっています。

 

千葉市においては、学校施設に関してこれまでの耐震化の計画を前倒しして、平成26年度の完了を目指して取り組みが行われていると伺っていますが、尚一層の取り組みのスピードアップと共に、施設の天井や内壁などの非構造部材の耐震対策も重要な課題となっていることをふまえ、3点の項目についての取り組みを要望しました。

  1. 学校施設の耐震化完了に向け、一層のスピードアップを図ること。
  2. 市民の避難所となる公共施設における、非構造部材の耐震総点検を早急に実施すること。
  3. 総点検の結果をもとに対策を取りまとめ、非構造部材の耐震化に向けて計画的な取り組みを行うこと。

 

対応して頂いた藤代副市長からは~千葉市としても、避難所となる学校の体育館等の耐震化に向けて取り組みの検討を開始しており、時機を得た要望であり、所管にもしっかりと取り組ませます~との発言がありました。

 

市民の安心・安全を確保するための取り組みを更に推進して参ります。

 

午後1時半からは、議会の在り方検討委員会の第一部会の委員会があり、その後市民相談の処理をして~夜も会合があり10時過ぎに自宅にたどり着きました。。。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net