14日午後2時半より~平成23年度千葉市議会での議員団研修会を、中央区のホテルで開催しました。

今年は、議員団の副団長を仰せつかっているので、ちょこちょことお役目でご挨拶をさせて頂きました。

 

研修内容としては~東京大学教授の目黒公郎氏より約2時間半にわたって「これからの地震対策~問われる総合力と連携~」と題しての講演を頂きました。

 

目黒先生の研究の基本姿勢が~現場主義・実践的・最重要課題からタックル~とのことでした。当初より講演時間は2時間以上でとの先生からの要望と伺いましたが、その時間をオーバーしても足りないほどの内容の濃い講演となりました。

ことに、目黒先生の提案としての・・・

  • 行政によるインセンティブ制度
  • 耐震改修者による組み立て
  • 新しい地震保険

等については、私自身十分理解できないまま講演が終了してしまった感がありました。

頂いた資料を含め、目黒先生の本を読んでみようと思います。

 

大変個性的な、迫力のある講演で、2時間半があっという間に過ぎた感じがありました。多くの示唆に富んだ提案や、実験・研究に基づいた指摘には説得力もあり、大いに刺激となりました。

久しぶりに、聴き応えのある講演を聴かせて頂きました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net