ハーモニープラザ多目的ホールで開催された、千葉市障害者福祉大会にお招きを頂き出席させていただきました。

式典は、オープニングの福祉大会実行委員長による開会宣言のあと~主催者の市長挨拶、来賓として市議会議長挨拶~市政功労者として、小倉春夫氏・神崎和氏の紹介があり~その後、体験作文・ポスターの最優秀者表彰が行なわれました。

「心の輪を広げる体験作文」として、小学校・中学校・高校のそれぞれの受賞者が、ご自身の作文を読み上げました。

皆さんの、素直で暖かいまなざしの素晴らしい感性に感銘しました。

その後~障害者週間のポスターの受賞者の表彰も行なわれ、一部の式典が終了となりました。

その後の、第10回の全国障害者スポーツ大会の千葉市の代表選手の紹介や、体験・実践報告・講演会なども拝聴したいところではありましたが、時間の関係で会場を後にしました。

本年の大会には、今までになく多くの市民の方々の参加があったとの印象を持ちました。障がいの在るなしに係らず、共に暮らす仲間としての意識の改革こそが必要な事を実感しています。

本大会の益々の、裾野の広がりを期待すると共に、そのための自身の努力を誓いながら会場を後にしました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net