午前9時に集合して、一路~山形県立中央病院に伺い、病院改革への取り組みについて職員の皆さんから、ご説明を頂きました。

病院の病床数654床、診療科目21科、看護基準7:1、中央病院のほか、救命救急センターとがん・生活習慣病センターを含めた組織体制となっており~ホテルのような外観を含め~千葉市とは規模も全く異なる病院ではありましたが、大変参考になりました。

病院改革のプランもさることながら、私は、看護副部長から伺った600名を超える看護師の教育体制と、自己啓発の取り組みに大変感心しました。

千葉市の両市立病院の看護部にも、直ぐにでも取り組んでいただきたい内容と考えます。

病院の魅力は、そこで働く一人一人の職員意識と姿勢にかかっていることを再確認しました。

帰路につく前に~山形駅前で昼食に、板そばを頂きました。こしのある~良く噛まないと消化しないような~噛み応えのある美味しいおそばでした。

今回の常任委員会の行政視察は、大変タイトなスケジュールで内容も盛り沢山でしたが、調査項目を一つ一つを整理して、千葉市への取り組みとして参考になるものを提案していく予定です。

仕事とはいえ、大変疲れました。

随行の職員の杉山さんと伊藤さんお疲れ様でした。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net