公明党女性局の「子ども読書運動プロジェクトチーム」のメンバーとして、平成21年10月に開設したばかりの葛飾区立中央図書館に伺ってまいりました。

JR常磐線・京成金町線金町駅南口から徒歩2分の場所に建設された~再開発ビルの3階部分の広いスペースが~全て図書館として使用されておりました。

同図書館では、ICチップにアンテナを備えた「ICタグ」を活用し、自動貸し出し・返却を行なう先進的な運営システムを導入し、一般書約19万5000冊、児童書約2万7000冊を管理しているとのことでした。

広い館内は、細部に亘って、利用者の使いやすさ~居心地の良さに配慮されており、幅広い年代の皆さんが訪れやすい工夫がなされていると感じました。

特に、子ども達のために乳幼児期から中高校生までの~それぞれの年代に合わせた~本の配置や、空間の使い方に大変感動しました。

休館日にもかかわらず、丁寧にご説明していただきました、高木館長はじめ職員の皆さん、葛飾の区議会議員の皆さんに心より感謝申し上げます。

お世話になりました。有難うございました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net