Archive for 2010年 2月

本日午後1時より、3月19日までの予定で、第1回定例会が開会されました。

今議会は、平成22年度予算を審議する議会となります。

初日の今日は、議会開会のあと~直ちに~議員発議による「千葉市議会の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例」及び「千葉市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例」が可決されました。

その後、市長より新年度予算を含めた提案理由の説明が行なわれ~各会派ごとに別室で議案の研究が行なわれました。1日目となりました今日~我が公明党は、午後6時過ぎまで議案研究を行ないました。

さすがに、疲れました!!

新年度予算を含む議案の研究を、各局ごとに行ないますが~予算のない中での事業の計画は、充分吟味されるべきと考えますが、理解できない事業計画もあり・・・!!!

しっかりと、準備して~議案の研究をして予算審議をして参ります。。。

議案研究は、今週一杯行なわれます。

鎌取コミュニテイセンターで開催された、コミュニテイ祭りにお招きを頂き伺ってまいりました。

本年は、節目の10周年とのことでした。

天候にも恵まれて、多くの市民の皆さんが参加されておりました。日頃~鎌取コミュニテイセンターで活動されている団体の皆さんの発表の場として、大変意義のある取り組みであると思います。

お祭りの企画運営にあたられた、実行委員長をはじめ役員の皆さんに感謝いたします。

実行委員長のご挨拶にもありましたが、鎌取コミュニテイセンターの使用は現在、先着順ということであり、サークルや団体の代表者が朝早くから、練習日時を確保するのにご苦労をされているとのことでした。

以前、私も議会でこの問題を取り上げましたが~全く改善がなされていない事にビックリしました。

コミュニテイセンター運営委員会の意向や、指定管理者の方針もあると思いますが、市民に負担をかけない、かつ公平な、使用確保の方法がないものなのか!もう一度研究して要望していくつもりです。

*今日は母の誕生日でしたので、イベント広場で開催されていた花卉販売のお花を買わせて頂いて帰路につきました*

朝8時半から、開催された椎名地区福祉・コミ懇まつりの開会式に出席させていただきました。

気温が1℃の表示を示す中、早くから集まられたゲートボール大会の参加者の皆さんと役員の方々にご挨拶をさせて頂きました。

90歳を超えておられるゲートボール選手の方々もおり、 釈迦に説法の気もいたしましたが、皆さんの益々のご健康をお祈りしたいと思います。

開会式の後、体育館でのバザーの準備を拝見しましたが~野菜やお米、日用品などがとっても安くて、ビックリしました!!

コミ懇まつりは~健康づくりの推進の為の健康相談や、子どもの為のお楽しみ会などの企画も組まれ~地域のコミュニテイを構築する為の様々な工夫がされていました。

石井会長をはじめ、朝早くからまつりの運営にあたられた役員の皆様に心より感謝申し上げます。

お招きを頂きありがとうございました!!

午前中の会合の後~公明党副支部長の草刈さんと党員の熊川さんの協力を頂いて、緑区内の街頭宣伝活動を行ないました。

宣伝テープの調子がいまいちでしたので、車中でもマイクを持って訴えをさせて頂きました。

『新政権がスタートして100日を越え~国会論戦が開始されておりますが、国民の失望と政治不信は強まるばかりではないでしょうか?

私どもの議員の仕事とは何でしょうか?本来、国民の税金を頂いて仕事をしているという自覚があるのか!!はなはだ疑問な議員が多すぎると思います。

鳩山首相の元秘書が偽装献金疑惑で起訴されただけでなく、12億円という多額の金を母親から貰いながら「知らなかった!」で済ませようとする感覚・・・!!!

資金管理団体の土地取引事件で、民主党小沢幹事長の元秘書3人が起訴されながら、国会での説明もなく党として調査もしない・・・

これが、野党時代自民党に対して、政治腐敗・金権体質を批判し続けてきた政党の行動といえるのでしょうか!!』

今こそ~国民が政治を監視しなくてはならないと考えます!

寒い北風の吹く、天候となりましたが~街頭で演説をさせて頂いていると~今日は何人もの方々から手を振っていただきました。暖かい家からわざわざ、出てきて励ましの美容飲料も頂きました。皆さんの真心に感謝!感謝!の思いです。

外の寒さが厳しかっただけに、皆さんの励ましが心に沁みた街頭活動となりました。ありがとうございました。

毎年行なわれている「こころの健康教室」にお招きを頂き伺いました。

最初に伺ったときから、回を重ねる毎に~多くの市民の皆さんが参加されるようになり、本日は会場となった鎌取コミュニテイセンター3階多目的ホールが一杯になるほどの大盛況でした。

これもひとえに、千家連・千南会をはじめとした多くのボランテアの皆さんの尽力の賜物と感謝いたします。

本日は、講演会の講師として、ご自身もこころの病を乗り超えて、精神医療サバイバーとして、幅広く活躍されている広田和子さんを迎え~「親無きあと~」と題してお話を伺いました。

講師の広田さんは、大変パワフルで圧倒されましたが~大変残念なことに、東京での会合出席の為~途中で会場を後にしました。

どのような病を持っていても、その事によって差別されるような事があっていいはずはありません!!

こころの健康に悩む方々が、互いに支えあいながら、地域で暮らせる為には市民の理解が不可欠であると考えます。

こうした啓発活動が更に活発に行なわれ、市民の理解を拡大していく必要性を実感しています。微力ではありますが、私の立場でもしっかりと取り組みをしてまいります。

本日、教室の運営にあたられました、高木実行委員長をはじめ役員の皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!!

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net