公明党千葉県議会の皆さんの声賭けで、県議会の一室で~自動排泄処理装置「マインレット夢」についての説明とデモンストレーションを県議会の皆さんと一緒に見学させていただきました。

秋林県会議員が、患者の役を行い~服の上から実際に紙おむつを含めた排泄処理の装置を装着し~その後~器械の仕組みやコストについての説明を頂きました。

介護の中で、介護される側と介護する側にとって、一番の負担となる『排泄介助』について、少しでも双方の負担を取り除くための、研究のひとつの成果であることを実感しました。

現実的には、どのような対象に、どのように器械の貸し出しが出来るのかなど~これから多くの課題があろうかと思われましたが、既に臨床の実験や効果など実績を基にデーターもまとめられており、大変勉強になりました。

いずれ実用化が期待できる装置であると思われますが、こうした器械を、どのように使いこなすかという事が~最終的には重要な事であると考えます。

県議会の皆さんありがとうございました!!!

**帰りに、県庁の地下にある県議会食堂でお昼を頂きました。千葉市の職員食堂に比べて、メニューが豊富に感じたのは気のせいでしょうか??**

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net