Archive for 2009年 2月 10日

午前中、名古屋市で調査をした後〜車中で駅弁をいただきながら、金沢市に向いました。

午後から、金沢市議会で金沢市が進めている「歩行者・公共交通優先のまちづくり」のための取り組みについてレクチャーを受けました。

パソコンのスライドを使っての大変分かりやすい説明に〜視察市として訪れる市が多いことを感じました。

説明では、高齢者の増加や地球温暖化の防止、まちなかの賑わい創出といった社会背景と共に〜金沢市の特性として戦災の被害がなかったことにより道路が昔のままの状況であり大変狭い事・新たに北陸新幹線が開業する事によるまちづくりの準備などにより〜これからのまちづくりは・・・マイカーの利用を控え、歩行者と公共事業を優先するまちづくりを!!との理念に基づいての取り組みと伺いました。

全くその通りではありますが、そうした取り組みをするためには、企業や事業者、また市民一人一人の意識を変えていく事が必要となります。

大変地道に、地元の町内会等を巻き込んだ〜草の根的な、行政の取り組みを長い時間を掛けて行なっていると伺いました。

何事も長期的な目標と、その中でそれぞれの出来ることをどこまで進めるのか!歩行者・公共交通優先のまちづくりを進めるための条例の制定への取り組みも大変参考になりました。

夜、金沢兼六園のライトアップを拝見しました。大変冷え込んでいましたが一見の価値がありました。ボランティアの方々が、案内や後片付けに当たっていましたが〜こうした取り組みもまちづくりの大切な観点であると感じました。

午前9時30分から、再び名古屋市に伺い「区役所改革計画」について調査しました。

千葉市でも、区役所機能の充実について、少しずつ取り組みを開始しようとの動きが出てきておりますが〜名古屋市では既に、平成9年より「行政区のあり方懇話会」の提言、平成15年の「IT時代における区の行政サービスのあり方懇話会」からの提言を受け〜平成16年より区のあり方検討委員会の設置がなされ、本年1月に「新たな区役所改革計画案の骨子」が公表されております。

そうした、先進的な取り組みを参考にしたいと、所管の職員から話を伺いました。

名古屋市は行政区が16あり、行政区の成り立ちも様々であり、本年100年の歴史を超えた区も3区あると伺いました。人口規模も5〜6万人から22万人まで様々であり、画一的な改革が難しい中で〜「区役所が、市民に最も身近な行政窓口として、市民主体のまちづくりの実現に向け、市民ニーズの把握をし、それぞれの地域の特性に応じた施策を、市民と共に確実に実施していけるような、区役所改革の更なる展開を図りたい」との職員の話や「改革に終わりはありませんから〜」と言われた言葉に、職員としての気概を感じました。

市民に愛され、信頼される区役所を目指して、今後も歩みを緩めることなく改革を進めていきます!とのことでした。

千葉市の職員も同じ気持ちで取り組んでいただいていると、信じています。共に頑張りましょう!!!

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net