Archive for 2008年 11月

京葉銀行文化プラザの音楽ホールで、千葉市消防60周年と併せて千葉市防火管理者協議会の40周年を記念しての大会が、多くの関係者の出席のもと、盛大に開催されました。

千葉市は、昭和23年に消防組織法施行に伴い、自治体消防制度が発足したと伺っております。以降、60年の間〜関係する皆さんの尽力によって、市民の安全を守るための取り組みがなされて来たわけであります。

記念の式典では、開式の辞、国歌斉唱の後、物故者に対する黙祷、市長の式辞、来賓挨拶・紹介が行われた後、千葉市消防60周年関係・千葉市防火管理者協議会40周年関係の表彰が行なわれました。

式典の後、特別講演として「防火管理のあり方について」と題して危険物保安技術協会の特別顧問:次郎丸誠男氏のお話があったと伺いました。更にアトラクションとして千葉市消防音楽隊のステージ演奏や千葉ロッテマリーンズの選手やキャラクターによるトーク&ショーなども企画されていたようです。

仕事の関係で、式典の後退席することになり〜大変に残念な思いを残しながら市役所に戻りました。

千葉市消防にかかわる皆さんのご尽力に改めて敬意を表すと共に、関係の皆様の益々のご健勝をお祈りいたします。

 

本日16時より、保健福祉局担当の藤代副市長へ、公明党の会派の議員8名で、申し入れに伺いました。

国が10月31日に経済対策「生活対策」を発表しました。その中に、子育て支援の拡充として「安心子ども基金(仮称)」の創設による子育て支援サービスの緊急整備や「子育て応援特別手当(仮称)」の支給、安心・安全な出産の確保などが盛り込まれました。

こうした国の動きをふまえて、千葉市における的確な対応と子育て支援策の一層の充実を求め、申し入れをさせていただきました。

藤代副市長からは、【公明党からはこれまでも子育て支援策についても、多くの政策提案をいただいていることを踏まえ、会派の申し入れをしっかりと受け止め、市民が安心できる子育て支援の取り組みをしてまいります。】との、力強い言葉を頂きました。

また、懇談の中で〜財政が厳しいときだからこそ、市民が安心して働ける環境を作っていくことが行政の使命であるとのお話も聞かれ、大変頼もしく感じました。

市民の声を市政に反映するために、ネットワーク政党としての強みを最大限に生かし、国からの情報を素早くキャッチし、これからもしっかりと取り組みをしてまいります!!

夜7時から〜おゆみ野ウィンド・オーケストラの結団式と説明会が、おゆみ野公民館の講堂で行なわれ、お招きを頂きご挨拶をさせていただきました。

おゆみ野ウィンド・オーケストラは、二神さんという稀有の指導者が立ち上げてくださった、地域の皆さんの手づくりのオーケストラです。

私も微力ではありますが、地域の皆さんの為に何でもさせていただくつもりで、お顔見せの為にご挨拶をさせていただきました。

おゆみ野の地に音楽の香りが漂うなんて〜とっても素敵な事ですよね!!

結団式には、高校生を含めた、多くのお若い方の参加もみられました。

本日が立ち上げと伺いましたが、これまでの二神さんご夫婦のご努力に心から敬意を表しますと共に、益々のご活躍をお祈りいたします。

地域の皆さんの協力を頂いておゆみ野ウィンド・オーケストラが発展されますよう心から祈っております。

また、お伺いさせていただきます!!!

13時よりホテルポートプラザ千葉で、千葉県本部の議員総会が開催されました。

第二次経済対策と国会の情勢について衆議院議員の富田副代表から話がありました。

二次の補正予算成立だけでは、国民の皆さんが期待している「生活定額給付金」の支給が年度内にはできないこと。支給のための財源確保のためには、特別会計法の法律の改正が必要であるなど〜「生活給付金」の成り立ち。また、中小企業のための緊急保証制度の運用など説明をしていただきました。

休憩をはさんで、事務局からの連絡事項の後、藤井県幹事長から今後の活動について、吉野県代表からの挨拶で閉会となりました。

政局がどのように変化しようとも、常在戦場の思いで戦う決意です!!!

長柄町の千葉市少年自然の家の事業運営協議会に、会派を代表して伺ってまいりました。

今回の議件は、平成20年度事業運営業務上半期の報告と21年度の事業運営業務計画に向けて〜という内容であり、赤澤所長から説明を伺いました。

毎回協議会に伺って感じる事は、事業運営を工夫し、限られた人員・予算の中で大変努力されている姿勢です。今回の報告にもありましたが、平成18年からの利用者推移に、そうした、施設運営の努力が反映されていたと思います。

来年度は、事業の長期計画のまとめと次期長期計画の策定に向けた動きがあるとも伺いました。

また、平成21年度の事業運営業務計画の強調点としての、ボランティアの発掘と養成については、千葉市のボランティア育成への取り組みの課題でもあり、議会でもしっかりと提案していこうと考えております。

千葉市始めてのPFI事業として取り組んだ「千葉市少年自然の家」

21世紀を担うかけがえのない子ども達の為に!!施設の事業運営の成果を十分に活かした利用を、教育委員会を挙げて取り組むべきと考えます。

協議会の委員として、しっかりと役割を果たしてまいります。

**ちなみに、21年の1月から3月中旬の平日に限り、企業・団体の皆さんへ利用を勧めております。是非一度、少年自然の家に足を運んでみてはいかがでしょうか?**

ホテルグリーンタワー千葉で行なわれた、議員団研修会・懇談会に出席させていただきました。

研修会では、講師に地方公務員共済組合連合会理事長の松本英昭氏をお迎えして「地方分権の動向について」お話を伺いました。

地方分権改革推進委員会の委員長として、審議の様子を含めてお話を伺いましたが、多くの経験に基づいた学者肌のお話の展開でしたが、私には多少難しい内容と感じました。

その後、鶴岡市長をはじめ執行部の皆さんも参加していただき、議員団の懇談会が開催され、議長が公務で不在のため、議長の代わりに皆さんにご挨拶をさせていただきました。

帰りの車中から、満月に近いきれいな月を眺めながら帰宅しました。

相模原市で開催された、基地協議会・関東部会総会に加盟市の副議長として出席させていただきました。

総会では、会長・開催市議長・来賓のご挨拶の後〜出席された各市議会議長の自己紹介と市の紹介をそれぞれに行ないました。突然の、千葉市の紹介ということで緊張しましたが、笑顔でしっかりPRさせていただきました。

その後、全国市議会議長会基地協議会における活動についての報告が行なわれ、協議事項が採択され閉会となりました。

休憩を挟んで、放送ジャーナリストの平野次郎氏よる「どうなる日本、どうする日本」と題した講演を伺いました。お話の内容は、ほとんどがアメリカ大統領選に関連した話であり〜「どうなるアメリカ、どうするアメリカ」というような内容でしたが、知識が豊富な平野氏ならではのお話を伺うことができ、大変勉強になりました。

その後、意見交換会を行いましたが、参加された議長さんの中で公明党所属の5名の議員とご挨拶する事ができ、大変心強く感じました。

朝10時半に出て、午後8時頃に帰宅しました。

関係各位の皆さんお疲れ様でした!!

千葉市文化センター3階のアートホールで開催された、千葉市技能功労者等表彰式に、市議会を代表してお祝いのご挨拶に伺いました。

市長の挨拶、副議長としての私の挨拶、選考経過説明の後〜技能功労者の皆様36名、優秀技能者の皆様29名、優秀青年技能者28名の皆様がそれぞれ、市長から、盾・賞状を授与されました。

技能功労者の受賞者の36名の中に、日頃御世話になっている平山町の鴇田さんがいらしゃいました。大変におめでとうございました。

その後、受賞者を代表して謝辞の為に登壇された、技能功労者の内山よし子さんは、誉田在住の:美容室YOU:の先生で私が、日頃より大変御世話になっている先生でした。

内山先生の艶やかな着物姿と、技能者としての誇りある謝辞に感激しながらお姿を拝見しておりました。

その後、私も参加させていただいて、受賞者の皆さんとの写真撮影が行なわれました。

写真撮影の後〜第2部では、スポーツプロデューの三屋裕子さんを講師に記念講演が行なわれるとのことでしたが、時間の関係でおうかがい出来ずに会場を後にしました。

第8回を迎えられる技能功労者等の表彰式と伺いましたが、更に多くの市民に周知し、こうした技能者の皆さんに大きくスポット当てていく事の重要性を実感いたしました。

本日、表彰を受けられました皆様の、たゆまぬ努力に敬意を表しますと共に、今後益々のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

大変におめでとうございました。そして〜これからも千葉市発展の為に力をお貸しください!よろしくお願いいたします。

千葉市水道局で行なわれた、千葉市水道事業運営協議会に委員として出席させていただきました。

水道事業の概要について、水道局の職員より説明を頂き質疑・応答の後、市原市にある千葉県水道局福増浄水場に施設見学に伺いました。

福増浄水場は、千葉県水道局が水源を県内に求めた最初の浄水場であり、水源は、高滝ダム湖であり、16Km余り導水して浄化処理を行なっていると伺いました。

緑区の誉田給水場に送水がされているとのことでした。

小学生用のビデオを拝見した後、施設内の見学をさせて頂き、帰りには福増浄水場で採水されたボトルウオーターをお土産に頂いて帰ってきました。

予定時間を大分オーバーしての視察となりまして、千葉県水道局・千葉市水道局の皆さんには、大変ご迷惑をおかけいたしました。

水道水の安全・質への取り組みをしていただいている職員の皆さんのご苦労を理解することができました。

あっという間に日が暮れてしまって、市原の田園風景や懐かしい辰己台を通って自宅に戻りました。

本日、文化の日にお招きを頂き、土気小学校体育館で開催された第32回〜土気地区の民謡・民舞の祭典にお伺いさせていただきました。

民文連社中をはじめ、7社中合同の開催で、朝9時30分から夕方6時近くまでの開催時間とうかがいました。

多くの皆さんがお集まり頂いていたことにも驚きましたが、唄あり合唱あり、もちろん踊りありの舞台に時間の経つのを忘れてしまうほどでした。

祭典が開始してから一時間半ほど皆さんの演技を拝見させて頂き、演技の途中で、ご挨拶もさせていただきました。

日頃御世話になっている皆さんのお姿にも多く触れることができ、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

体育館の中でしたので、幾分肌寒い感じもありましたが、お元気な皆さんに励まされて会場を後にしました。

佐々木実行委員長さんをはじめ、7つの社中の皆様のご健勝をお祈りすると共に、今後益々のご発展をお祈りいたします。

素敵な文化の日のひと時となりました。有難うございました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net