Archive for 2008年 1月

築城415年の中津城に伺いました。

中津市では、2000年から傷んだ石垣を修復する整備工事を行いその中から、築城当時の石垣が広範囲に現存する事が判明し、石垣建築では最も高度な安土桃山時代の技法で積まれていることが判明したとのことでした。

中津城は、九州最古の近世城郭の一つですが、同じ年に造られた他の城は壊れてしまった事から、当時の石垣が良好に残存する九州唯一の城となったようです。

中津城の天守閣は、奥平家の造営・所有であり、管理・運営も奥平家がしているとのことでした。入場料400円は高いような気がしましたが、個人の管理では仕方ない事かもしれませんね・・・

午後から、豊後高田市「昭和町」に伺いました。

昭和町、取り組みのきっかけは地域商業の商店街の衰退であったと伺いました。

いくつかの事業の失敗の後、街づくりテーマを3つ決められ、300店舗の調査をする中で、7割の店舗が昭和からの店舗である事に着目して、昭和時代にテーマを決定。

商店の外観・建築をその建物が建築された当時の趣を再現するために、個人負担だけでなく、県・市で費用の一部を負担し、商店街の魅力を高め、商店街の活性化に取り組んだとのことでした。

その後、昭和ロマン蔵として「駄菓子屋の夢博物館」「昭和の絵本美術館」「昭和の夢町三丁目館」などがオープンして、平成13年に25000人だった来訪者が、平成18年度には300000人、5年の間に10倍という驚異的な状況になった事を伺いました。

ちなみに〜お昼は議会事務局の紹介もあって、昭和50年代から料金を変えていないという「大寅屋食堂」で、昭和の懐かしい味を食しました。

今の、昭和ブームだけでない、地域の皆さんの地道な努力と行政の協力の結果であると感心しながら「昭和町」を後にしました。

「地域の活性化」といっても、その地域の特性を活かした取り組みこそ求められている、と再確認した視察となりました。

政令市の中でも、高齢化率の高い北九州市における、高齢者就業支援施策について伺ってきました。

健康で働く意欲のある高齢者が、その豊かな経験や能力を活かせる雇用環境づくりの拠点施設として、平成11年に開設されたと伺いました。

さらに、平成14年度からは、全年齢層を対象に、カウンセリングから能力開発、就業支援までを連続して一体的に行う「再就職トータルサポート事業」の相談窓口をセンター内に設置されておられました。

市民への周知が課題であるとの担当者の話でしたが、駅の階段を利用した広報の方法など、限られた予算の中での工夫が感じられるPRが行われていました。

議会質問での参考にさせて頂くための視察でしたが、大変参考になりました。

公明党千葉市議会議員団8名で、JFEスチール東日本製鉄所内にある、ジャパンリサイクル株式会社のメタン発酵ガス化施設の見学に伺ってきました。

この施設は、市内・県内及び近隣都市から収集運搬された食品廃棄物を「破砕機」にかけて微細化し「メタン発酵」を行い、メタン発酵によって発生した「メタンガス」を売却し、残渣についても、ガスの抽出やスラグを取り出すなど2段階処理の方式で100%の再資源化を図るとされています。

市内では、生ごみ分別収集モデル事業として緑区の大椎台自治会の約870世帯の皆さんの協力を頂いて、週2回専用袋を利用しての収集が行われておりますが、その生ごみを利用して、今、モデル的にこちらの施設でリサイクル事業が行われているわけです。

雪が舞いそうな、冷たい風の中での現地視察となりましたが、様々な形でリサイクル事業への取り組みがなされている事を実感した視察となりました。

また、寒い中ユーモアたっぷりに解りやすくご説明頂きました、ジャパン・リサイクルの職員の方々、大変に御世話になりました。

千葉市内における、リサイクル事業の更なる拡大に向けて取り組みを行ってまいります。

平成20年の千葉市母子寡婦福祉会の新年会が、センシティータワーの海燕亭で行われ、お招きをいただきまして出席させていただきました。

秩父宮妃殿下御歌の斉唱の後、藤会長より千葉市母子寡婦福祉会の歴史を振り返りながらのご挨拶があり、その後、来賓として招かれた国会議員・市議会議員・千葉市子ども家庭部長・千葉市民生委員児童委員協議会会長からの挨拶がありました。

私も来賓の一人として、ご挨拶をさせていただきました。

お招きを頂くようになってから、4回目となりますが、毎回参加される皆さんのパワーに元気を頂いております。

ご挨拶でも申し上げましたが、まじめに働く方々が報われる社会を築いていていくことが大切だと実感する毎日です。

私も、微力ではありますが、母子保健事業を含め母と子の笑顔がたえない千葉市を築くために全力で働いてまいります。

本年一年も、千葉市母子寡婦福祉会の皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げますと共に、会の皆様にとりまして本年も明るい年になりますよう心より祈念申し上げます。

千葉市で成人となられる該当者約9300人を対象とした「千葉市成人の日を祝う会」に出席させていただきました。

第1部の式典では、千葉市教育委員長の開式の言葉の後、国歌斉唱が行われ、続いて千葉市長・千葉市議会議長による励ましの言葉、お祝いの言葉が新成人の皆さんに送られました。

その後、来賓として招かれた国会・県会・市議会議員の紹介があり、千葉ロッテマリーンズ監督からのお祝いビデオメッセージが放送されました。

二十歳の決意と題して、新成人のお二人の代表が話をされた後、会場の出席者全員によって「大地讃頌」を合唱し、千葉市教育長の閉式の言葉で終了となりました。

今年も、千葉市教職員合唱団による「夢と虹」の皆さんの協力を頂いて大合唱となりました。「大地讃頌」は難しい歌ですが、先生方の協力によって毎年素晴らしい会場内での大合唱が実現しています。素晴らしい伝統に感激しております。

そうした、新成人の皆さんに向けられた多くの真心を、感じる事の出来る成人になってほしい!と祈るような気持ちで会場を後にしました。

新成人の皆さん!!皆さんの前途に幸多きことを心よりお祈り申し上げます。

成人の日をお祝いして「千葉市の成人の日を祝う会」に向われる新成人の皆さんへ、公明党千葉市議会議員団による、街頭からのご挨拶を行いました。

式典開催前の早朝よりお迎えの準備にあたり、公明党千葉市議会議員団全員で、お祝いの会の会場となった千葉ポートアリーナに向う陸橋で、新成人の皆さんへご挨拶をさせていただきました。

胸を張って会場へ向われる皆さんの姿を大変頼もしく感じました。

参政権をもたれる責任も出てきます。しっかりとフレシュな澄んだ目で政治を監視していただける事を期待いたします。

北風の吹く寒い朝ではありましたが、新成人の皆さんの爽やかな笑顔に励まされて、ご挨拶の後式典会場に向いました。

公明党千葉県本部主催「新春の集い」が、千葉市内のホテルで開催されました。

公明党の太田昭宏代表が出席され、公明党関係者のほか、来賓の堂本知事や千葉県内の市町村長、連立を組んでいる自民党からも千葉県選出の国会議員や県議会議員の多くに駆けつけて頂きました。

更には県下161名の議員が日ごろ御世話になっている、地域の有力者など総勢1400名を超える皆さんにお集まりいただきました。

太田代表は、過去10年間の日本のGDPや給与所得が横ばいであることを指摘し「勢いのある日本にしていかなければならない。そのスタートとなるのが今年だ」と強調され〜「国民の暮らし向きが良くなり、勢いのある国になるよう、庶民、中小企業、困っている人の側にいるのは公明党との誇りを持って頑張っていく」と訴えられました。

私は、主催者の役員として受付の担当に就いておりましたので、会場の中の様子は全く分かりませんでしたが、参加された皆さんの様子を拝見しながら、「新春の集い」の大成功を確信しておりました。

お忙しい中、公明党「新春の集い」に参加してくださいました多くの皆様に心より感謝申し上げます。

千葉県下161名の全議員が団結して、常在戦場を貫く一年を全力で戦ってまいります。

千葉県電力総連主催による「2008年千葉県電力総連旗開き」にお招きを受けて出席させていただきました。

主催者の電力総連会長の杉山氏のご挨拶の後、来賓の紹介・挨拶が行われ乾杯の後、千葉県電力総連推薦議員として千葉県下の県会議員、市会議員の紹介が行われ、舞台に上がらせて頂いて一言づつのご挨拶をさせていただきました。

主人や妹夫婦も電力j総連に関係しており、多くの皆さんへのご挨拶が必要かと思いましたが〜十分なご挨拶も出来ずに旗開きの会場を後にしました。

会場の舞台ではご挨拶をさせて頂きましたが、昨年来より選挙の関係で御世話になりました皆様へ十分なご挨拶も出来ずに失礼いたしました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

選挙で頂いたご支援を、市民生活向上のための議員活動を展開する中で必ずお返ししてまいります。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

小春日和となった本日午後から、公明党の千葉総支部の宣伝カーで、緑区のおゆみ野・古市場・鎌取・辺田を含めたおゆみ野地域〜誉田地域〜はなみずき団地・土気・紅葉丘団地・あすみが丘・大椎・大木戸〜など、緑区中を3時間かけて、新年のご挨拶遊説をさせていただきました。

車の中から手を振ってくださる方や犬の散歩の手を止めて、応えてくださる皆さんに励まされて、新年の出発の街頭遊説を行わせていただきました。

私の声に応えてくださった多くの皆様に心より感謝申し上げます。

皆様の励ましを力に本年も全力で真実を訴えきってまいります。

最後になりましたが、本日遊説車の運転をしていただきました、公明党の緑支部副支部長の伊藤さん、党員で土気の後藤さんには新年早々、大変御世話になりました。

本年も公明党をどうぞ宜しくお願いいたします。

千葉駅前のクリスタルドーム前において、公明党千葉総支部の「新春街頭演説会」を開催しました。

昨年の公明党へのご支援のお礼と、本年の決意・新たな実績についてご報告させていただきました。

寒い中、足を止めて演説を聞いてくださる方、「頑張って!応援してます」と声をかけてくださる方など、新年早々多くの皆様に励まされての街頭演説の出発となりました。

皆様の声をしっかりと受け止めて、具体的な政策提案をしながら市民生活向上の為に本年もしっかり働いてまいります。

 

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net