Archive for 2007年 11月 19日

かねてより、「母子保健事業の推進について」は私も議会質問などで取り上げてきましたが、予算案に向けての会派の重点要望に先駆けて、市長へ申し入れを行いました。

国からの交付税措置による、妊産婦健診の公費負担の充実への取り組みも、不交付団体の千葉市にとっては予算の裏づけの無い状況となっています。

こうした状況をふまえて、以下4項目にわたって申し入れを行いました。

  1. 妊婦の保健指導の充実のために妊娠届け・母子保健手帳の交付窓口を一本化し、指導体制の充実強化すること。
  2. 妊産婦にやさしい環境づくり推進の一つとして2006年厚生労働省が決定した「マタニティマーク」の活用を積極的に行うこと。
  3. 妊婦健診の出産までの受診回数は平均14回、約12万円の負担がかかる。公費負担で行う健診を出来るだけ多くし、出産世帯の負担を軽減すること。
  4. 妊産婦の救急搬送のたらい回しを防ぐため、妊娠初期からの受け持ち医の推進に取り組むと共に、周産期医療体制を早期に拡充すること。

対応していただいた、所管の藤代副市長からは「申し入れをしっかりと受け止めます。特に、妊婦健診の公費負担については市民の負担軽減のために努力します」との前向きな発言が聞かれました。

少子化が進む中、千葉市の母と子を守るための施策の充実のために、皆さんの声をしっかりと受け止めた政策提案をしてまいります。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net