menu
カテゴリー(未分類)
img_8336.jpg

平成30年度予算編成に対して、市長に重点要望書を提出してまいりました。

財政健全化の取り組みや福祉の向上は勿論のこと、2020年東京オリンピック・パラリンピックへの対応、地域共生社会構築の推進、少子超高齢社会を迎えるなかで、新たな都市の活性化など全18項目の重点要望を提出いたしました。

議会でしっかり取り組んでまいります。

image1.jpeg

国政選挙後の特別会が国では開催されておりますが、地方議会でも各地で定例会がスタートされております。千葉市も今日から来月14日まで論戦が始まります。地方議会を知る機会でもありますので、多くの皆様に傍聴いただければと思います。

image1.jpg

千葉駅前をお借りして、富田茂之衆議院議員、田村耕作県議、そして千葉市議会議員8名で憲法記念日の街頭を行いました。

私からは、今から半世紀以上前に我らの先輩議員が、教科書無償配布の完全実施を参院本会議で迫り、当時の首相が決断し、今があることをお伝えさせて頂きました。

足を止めて聞いて下さった皆様に感謝申し上げます。

寒さも和らぎ過ごしやすい陽気となりましたね。

さて、ひとり暮らし高齢者が多くなり安否の確認など地域の関わりが日増しに大切だと感じております。

先ごろ、向かいの家の玄関に配送された食材が数日間かけたままになっており、何度かお声かけしましたが応答がありませんでした。

幸いにして、安否の確認ができましたが、日頃の声かけなど大切だと感じました。

本人の状況にもよりますが、やり過ぎず、しなさ過ぎず、嫌がられない程度に関わりを持つことがなかなか難しいですね。

千葉市では、おおむね65歳以上のひとり暮らしの方(要件は以下URL参照)を対象に、安否の確認など適切な対応を図るため「緊急通報装置設置」制度を設けておりますので、是非ご利用下さい。

http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/koreishogai/korei/kinkyuutuuhou.html

image1_2.jpg

新成人の皆さんおめでとうございます
千葉市で今年成人された皆さんは9743名とのことです。昨年より600名近く増えたそうですが、その要因の一つとして、親が第二次ベビーブール世代に当たるとか。

私もこの世代になるわけですが、成人する子どもがいてもおかしくない年になったのだと感慨深いものがあります。

良き時代を知らない世代とも言われており、高齢者施策は大事なことですが、これからの社会を支え時代を開いて行く若者に寄り添った政策をしっかり築いて行くことも重要です。

新成人の皆様に心からお祝い申し上げます。

image1.jpg

新たな年を迎えて、我々公明党市議団一丸となり「希望がゆきわたる国」にむけて取り組んでまいります。

image1_2.jpg

今日は日頃よりお世話になっている皆さんと、平木大作参議院議員を訪ねに国会まで行ってまいりました。
平木さんからは先日閉会した国会での内容などお話しいただきました。

皆さん大変喜ばれており、随行いただいた秘書の皆様、そして平木参議院議員に心より御礼申し上げます。

image1.jpg

本日は、会派として議会後の街頭を行いました。今回は、一般質問でも取り上げました高齢者が抱える住宅問題を中心に報告させていただきました。
街頭後、地域の取り組みが評価され内閣総理大臣賞を受賞された幸町一丁目ふれあい交流館にお邪魔し、30年地域交流の発展に尽力された取り組みについて伺いました。
ふれあい交流館では、喫茶コーナーを設け地域交流の場所として、開設より累計1万人ちかくの方が利用し住民の皆さんに親しまれております。
毎月装いが変わる交流館。今月は、クリスマスにちなんだ住民の方の創作物が展示されておりました。

帰りがけに、道路が凹んでいた箇所も含めて綺麗に舗装し直されておりました。
取り急ぎの対応に感謝申し上げます。

image1_2.jpg

ポストに可愛らしい袋に包まれたピカチュウと手紙が投函されていました。

手紙をくれたお子さんは様々な困難を抱えて学校に通われておりました。
屈託のない笑顔が印象的なこのお子さんは、一人孤独と向き合いながら、学校生活に溶け込もうと一日も休まず通ったそうです。

確証を得られない事案ではありましたが、この手紙を読み対応に間違えはなかったと確信できました。

「はやく大人になってつよくなりたいです」

新たな新天地でスタートを切った言葉に、励まされました。

ともどもに強くなって行こうね。

image1.jpg

こんばんは。
本日は、認知症について知りたいとのご要望を受け、認知症サポーター講座を行わせていただきました。

2025年には、高齢者の約5人に1人は認知症に。とも言われております。
認知症への理解を深めることで、認知症の方やその家族への接し方も変わって行くと思います。

認知症施策の推進は大事な取り組みです。

本日、小雨が降るなか大勢の皆様にご参会いただき感謝致しますとともに、関係所管ならびケアセーターの皆様のご協力に御礼申し上げます。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 伊藤康平
ki4765.s20@gmail.com