バックナンバー 2018年 5月
image1.jpeg

健康と屋台?なかなかイメージしづらい結びつき。一体どういうものなのか興味がありました。

千葉市より、役割を終えた学校後施設を借り受けて、地域課題や社会問題を総合的、包括的に取り組む拠点づくりを目的として、2014年に千葉大学がサテライトキャンパスを新設されした。

健康屋台とは、地元にある馴染みの店のように、会話やコーヒーなどを楽しみながら、健康に親しむ交流の場の名称とのことです。

なるほど。確かに、コーヒーを飲みながら「塩と腎臓」というテーマで、学生の講和を聴いている方。エクスペリアタッチで数字ゲームを体験する年配の方。優しい歯科医師による無料歯科相談など、アットホームな感覚で健康に関する知識を得ることができる場所なんだと感じました。

人生100年時代とはいうけれども、大事なことは、いかにして健康寿命をのばしていくかではないでしょうか?

長く生活する過程において、身体にどこかしら不都合が生じてくることは、致し方ないことでしょう。(私は膝痛が絶えない。)専門職の方から適切なアドバイスを受けることは決して無駄にはならないと思います。

日常のなかで、孤独を感じるとお話しされる方もいらっしゃいます。

交流拠点ともいえる「健康屋台」。一度、のぞいてみてはいかがでしょうか?

以下、ホームページ

http://kenko-yatai.chiba-u.jp/

img_2156.jpg

今日は、憲法が施行されて71回目の記念日です。
国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義、この三つの原理は将来にわたり守り続けていかなければならないものではないでしょうか。

憲法改正に向けての動きもあるようですが、確かに、71年前と現在とでは社会情勢も異なることも一定の理解はするものの、国民の理解が伴わないまま、改正論議を進めても国民主権の原理から遠く及ばないと私は思います。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
千葉市 伊藤康平
ki4765.s20@gmail.com