menu

晴天に恵まれあちらこちらで桜が開花し始めました。
満開まであともう少しといったところでしょうか。
今日も市民相談など地域の皆さまから様々な声を届けていただきました。
そんな中でとある地域では、深夜に不審火がおこりパトカーや消防車など何台も出動し消し止められたとか。結果としては、大事に至らなかったのですが、現場に到着した車両の赤色灯が乱反射し付近の住宅が照らされ、何が起こったのか不安を抱いたなどの声が寄せられました。対処後に説明などなされないので不安だけが残ってしまう。
確かに、深夜の赤色灯は「地域の安全を守ってくれている」と云う印象よりも、「何か事件でも?」と思う印象の方が強いのではないでしょうか?
たまたま?市民相談の帰り道、夜おまわりさんと遭遇。スクターに乗りヘルメットにマスクの出で立ちが悪かったのか、お声をかけていただきました。
せっかくなので、意見として先ほどの内容を伝えたところ、地域の要望として、対処後に自治会長さん等に内容を伝えるなど考えたいとの回答。
不覚にもお声をかけていただいた結果、今日の相談をその日に伝えられ、回答をもらえたと前向きに考えたいです。
何れにせよ、赤色灯の対応は関係所管にゆだねるしかないのですが、不審火などの住民不安を解消するためにも、パトロールのさらなる強化が必要ですね…。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 伊藤康平
ki4765.s20@gmail.com