menu
バックナンバー 2015年 2月

幼稚園と保育所の機能を併せ持つ認定こども園。
保護者が働いているかどうかに関わらず利用でき、保護者の就労状況が変わっても継続的に通わせることができます。
千葉市においても、本年4月より公立保育所2カ所が保育所型認定こども園に移行されるなど新制度の取り組みが具体的にスタートしました。
現在、利用する児童の募集を行っておりますが、保護者の方からのご相談で運用に際しての課題もあるようです。
就労状況や収入に応じて利用料が異なる認定こども園。曖昧な説明によって通わせることを断念した方もいるとのこと。
共働き家庭において、子どもを預かってくれる居場所を探すことが困難となっている中で、正確に情報を伝えることが大切です。
問題解決にしっかりと取り組みます。

地域の方からいただいたご要望の中であらためて認識したことがあります。

道路にあるちょっとした段差が高齢者の方がつまずいてケガをされること。

元気な皆様からすると何でもないような段差が、高齢者の転倒原因となっております。

写真の箇所も一見何でもなように見えますが、つまずいたり転倒しケガをされた方が多いとのことでした。

高齢者が多くなる時代をむかえ、一つ一つのことをより丁寧に行っていくことが益々求められます。

早期修繕を求めます。

 

IMG_1539untitled

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉市 伊藤康平
ki4765.s20@gmail.com