バックナンバー 2016年 2月
DSC_3425

冒頭・・・・ここからはじめました。 1,東日本大震災からの復旧・復興の5年間の取組状況について 未曾有の東日本大震災の発生から5年。わが千葉も被災県であり 津波による大きな被害、また、各地の液状化被害、 さらに、福島第一原子力発電所において、全ての交流電源が失われ、冷却機能を喪失し大量の放射性物質が放出されるという重大な事故により、北西部を中心にホットスポット・・その除染、指定廃棄物の問題  農産物の風評被害にも遭い また、人口流失もありました。今なお苦しい生活を強いられている県民の方もお」ります。 そのような状況下において、不屈の魂で試練に立ち向かってきたのが私たち千葉県民です。森田知事、執行部・職員の皆様も、議員も、県民の先頭に立ち、国、他の地方自治体、そして関係機関に対し積極的に協力と支援を呼びかけ、その復旧、復興に向け、力強く一つ一つ実現してまいりました。 5年集中復興期間がこの3月で終わろうとしています、その後は「復興・創生期間」として、さらに5年間の新たな段階に入ります。 九十九里沿岸での海岸、河川の津波対策の事業や医療施設の耐震化なども 着実に力強く進められていくとのことです。 知事は、観光プロモーションで先月も被災地仙台・福島を訪問されました、 双方向交流の大切さを語られ 支え合う社会の再構築へのメッセージを発せられました。 心の復興は、人との交流以外にないと思う私は 本当にうれしく思いました。 大震災で失ったものはあまりにも多いのですが、様々な価値観が見直され、支え合う社会へ 新たな結びつきも生まれ、紡ぎ合い、未来へ防災・危機管理体制の強化が図れてきたと思います。そこで知事にお尋ねします。  ①東日本大震災からの復旧・復興の5年間の取り組み状況をどう総括しているのか。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
千葉県 阿部俊昭
toshi-a7@voice.ocn.ne.jp