10月30日、公明党女性局による別府市社会福祉協議会への車いす贈呈式が行われました。これには、社会福祉協議会会長である長野市長、釜堀秀樹常任理事、他の方が出席し、なごやかに行われました。
女性局秋月様の目録、活動の模様の話、当初、始めた時の苦労話などが披露され、形だけではなく草創の精神をたもち続けなければとの思いを持った次第です。最後は、ホウ・ダイニ!記念撮影で終了。社会福祉協議会への車いす贈呈は、通算165台となりました。皆様の真心に感謝申し上げます。

コメントは受付けていません。