バックナンバー: 2016年 7月

DSC03198樋渡セミナー穴井宏二2016.07297月29日福岡市で行われた前武雄市長「樋渡啓祐氏」によるセミナーが行われ参加させていただきました。議会活動、主に一般質問について本音の部分や議員としてどう取り組むべきか!など普段聞けないことがお聞きでき大変に意義ある講義でした。視察の重要性、質問の内容、議会前のヒアリングなし!などついてなど短時間でしたが中味の濃いものでした。翌日は、北九州動物愛護センターへ行き山本所長様による懇切丁寧な取り組みの情熱こもったお話をいただきました。

樋渡啓祐先生のお話

DSC03281北九州動物愛護センター2016.0730

山本所長様と記念撮影・機会があればまたお伺いさせて頂きたいと思います。

別府市消防本部が救命救助に携わった市民に感謝の言葉を添えたカードを贈呈する素晴らしい取り組みが7月28日朝のNHKニュースで流れました。その後の心のケアもされる県内で初の取り組みといわれています。

竹田市地域起こし協力隊・地元の方々・遠山清彦総務委員長との意見交換会に参加させていただきました。協力隊の方のアイデアと努力と苦労話に心を打たれました。また地元の方の率直な意見もいただきました。終了後、遠山委員長と私どもとの記念撮影を行い有意義な交換会を終えました。

DSC03167遠山さん 

遠山清彦総務委員長(衆議院議員・公明党)の話

DSC03178意見交換

中国出身の協力隊の方の率直な話に感動!祭りについて私も同じことを

思ってましたので外からの眼で見ることの大事さを感じました。

DSC03187別府の業者日本グリーンシステム

帰路は、久住から瀬の本高原を通り、九州横断道路(やまなみハイウェイ)を帰りましたが、地震の復旧工事でしょうか別府市の建設業者さんが星生山付近に道路災害復旧工事の看板が出ておりました。危険な作業十分気をつけてください。ありがとうございます。

竹の内1組—2付近の橋にガードパイプが設置されました。地域の住民の方や児童・生徒も通行する道ともなっているとのこと。以前には、落下事故もあったとの事でこれで安心して通行できると感謝の言葉をいただきました。無事故であることを祈っております。

7月14日の臨時議会で補正予算が審議、可決されました。
その中では、先日のブログでお伝えしました「別府復興建設券事業」も上程議案となり可決、成立しました。私も5月に提案させていただきましたので議案審議で質問しました。その中で、すでに工事を終了した市民の方も領収書にて補助の対象、市外の施工業者の建設券事業への登録業者となれる。など答弁をいただきました。今後は施工業者(市内・市外)早めの周知が課題となります。

市民と議会の対話集会が北部中学校で開催されました。私たちの第1班が参加させていただきました。生徒さん6人の方と議員が2名から3名でグループごとに分かれ意見を聞かせていただきました。市政や道路、砂浜の整備、ゴミ、通学路の崩落の恐れ、学校及びその周辺の害虫、グランドの整備、部活動の困ったことなどほかにも様々な意見が出ました。大変にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。写真は意見の出たグランドです。

大雨による道路の陥没が西別府病院前と鶴見保育所(ほっぺぱーく)からやや下った所に2か所できました。さっそく別府市役所道路河川課へ連絡し補修を先日お願いしたところ先ほどきれいに補修が完了しました。路線バスが通る道路でもあり、特に赤ちゃん、小さな子供さんにも安心です。暑い中補修工事お疲れ様でした。以下写真です。

今回の別府市における地震により被害を受けられた住宅における修理を援助して一日も早く住まいの安全を確保するために補助金等を活用し25パーセントのプレミアム分を含んだ額面5万円の「べっぷ復興建設券発行事業」が14日の臨時議会で上程されることが本日の議会運営委員会で協議し了承されました。先の6月議会の前の全員協議会にて別府復興プレミアム建設券に取り組んだらどうかと提案をさせていただいた者として大変にうれしく思います。地震被害を受けられた市民の方々への希望のともし火となることを祈っております。