バックナンバー: 2014年 9月

秋晴れの中、街頭活動を行なった。日頃からお世話になっているお礼を申し上げさせていただきました。、また9月議会での補正予算の内容、特に「水痘・高齢者の肺炎球菌ワクチン接種」の開始についての注意事項とよびかけを行いました。先進自治体でも接種率にばらつきがあり、命を守るワクチン接種には自治体の強力な呼びかけが必要です。たとえば、北九州市では、今、チラシを別に作って送付しており、これをすでに行なった自治体はどこも接種率がアップしているそうです。また別大マラソンを市民マラソンへの実現についてお話させていただきました。

「次の50年」へ勇躍前進―。公明党は21日、東京都港区の品川インターシティホールで結党50年を記念する第10回全国大会を盛大に開催した。山口那津男代表は「不変の原点である『大衆とともに』の立党精神を全身にみなぎらせ、『次の50年』への新たな党の基盤を築き、次代を担う人材群を輩出していく。全身全霊で闘い抜く」と強調。連立与党として安倍改造内閣を支え、「国民のための政策実現に不退転の決意で邁進する」と語った。明年春の統一地方選については「何としても全員当選を果たしていこう。本日より怒濤の前進を開始しよう」と呼び掛けた。(山口代表のあいさつ全文

党全国大会は、国民の期待、衆望を担い発展してきた公明党の原点を確認し、新たな飛躍を誓い合って「次の50年」へ力強く出陣する大会となった。

あいさつで山口代表は、公明党50年の歩みを振り返り、「日本政治の中で50年の歴史を刻み、党創立者のもとで節目を迎える政党は唯一、公明党だけだ」と力説。さらに「50年の星霜を乗り越えたのは、何よりも党員、支持者の皆さまが真心からご支援くださった賜物」と謝意を表した。

また、草創期から「生命・生活・生存を最大に尊重する人間主義」を政治理念とする中道政治を貫いてきたと語り、「人間主義という中心軸がブレないから、公明党には時代に即した新しい活力、調和を政治にもたらす力がある」と強調。

党の新たな飛躍に向け「議員と党員、支持者による連携、ネットワークの力は党の誇るべき最大の財産」として、「ネットワークの力を最大限に生かし、民意をつかむ感度を高めて政策を磨き実行し続ける限り、行き詰まりはない。時代の要請に柔軟に対応し、調和のとれた合意形成の軸となって、党勢拡大へ共々に前進しよう」と訴えた。

重要政治課題については、引き続き東日本大震災からの復興加速、経済再生、社会保障と税の一体改革を優先課題として取り組み、外交面では中韓両国との関係改善へ首脳会談の実現を後押しすると強調した。

その上で、わが国が避けて通れない課題として、(1)地方創生と女性・若者の活躍(2)防災・減災(3)消費税―の3点に言及。女性と若者の活力を生かし、「地域に根を張る公明党が地方創生の突破口を開きたい」と力説するとともに、広島の大規模土砂災害を教訓に、臨時国会で土砂災害防止法の改正を進める考えを示した。消費税率10%への引き上げについては、可否を判断する環境を整えるためにも経済に勢いをつける必要があると指摘し、「政府に補正予算を含め思い切った経済対策を打つよう強く求めたい」と述べた。

結びに、今後2年間に統一地方選と参院選が予定され、衆院選も射程に入ることから「連続勝利してこそ、党の揺るぎない基盤を築くことができる。共々に戦おう」と呼び掛けた。

これに先立ち、党務報告案、平成25年度決算報告、党規約一部改正案が説明され、挙手多数で承認、可決された。その上で、代表選出が行われ、党規約17条3項の規定に基づき、ただ1人の代表選立候補者と確定した山口代表が出席代議員の起立総員で信任を得て再任。山口代表は新役員を指名し、井上義久幹事長ら37人が挙手多数で承認された。

代表あいさつに続き、来賓の安倍晋三首相(自民党総裁)が祝辞。創価学会の原田光治副理事長(中央社会協議会議長)らが来賓として出席した。最後に、全員で勝ちどきを上げ、大会は幕を閉じた。

23日、東山幼・小・中学校の大運動会に出席させていただきました。僭越ながら、地域の方々、先生方、保護者の皆様方に今日の運動会が楽しい思い出と残るように、ご挨拶をさせていただきました。お仕事の忙しい中、地域の方々も参加されておられました。私も次回は選手として出れればと思いながらの運動会でした。

さきほど公明党全国大会が終了。ネットのライブ中継で見させていただいたが、話で聞くのと、生で見るのは違う。雰囲気や本人の心意気が伝わってきた。大阪方面では、3人区から2人区になりかなりの厳しい戦いになる。必死の思い、その人の必死の姿がまわりを変える。ライブ中継で得るものは大きかった。

本日で、議会一般質問が終了した。私も副議長として重要な役割をさせていただき皆様に感謝申し上げます。今回は、別府市が前進を始めた新エネルギーの問題や道路、学校教育、介護の包括支援システム、胃がん撲滅のピロリ菌対策など様々な質問がなされ、市側の回答もいつもよりかなり前向きな答弁が多く感じられました。写真は、臼杵市のつちづくりセンターへ県本部で視察にお伺いした時の写真です。
ご参考までにhttp://www.yumetaihi.jp/p2.html

臼杵市議を引退した後も、皆さんを案内していただき活躍を続ける鴨千恵子さん。

別府独自の温泉文化として「蒸し釜」があります。ここで野菜などを一定時間蒸して、家に持ち帰って食べられます。ここの旅館の場合は、私の友人も使わせてもらっているようです。

先日お伝えしました、この夏の長雨ですべりやすかった公園の散歩道ですが、ケガをしないように対策がされつつあります。知恵をしぼった早い対応に感謝です。何人かの市民の方も歩いておられました。

ビーコンプラザにおいて市民救急フォーラムが開催されました。市民の方また別府商業高校・溝部学園の多くの学生さんが参加、熱心にメモを取っていました。特別講演では、大分県立病院の大野拓郎先生が「小児救急どんな時急ぐの?」のテーマで重要なお話をされていました。今の若い時期にこの話を聞けることは大事であり、しあわせなことです。黒木記念病院の黒木劇団の方々応急手当のシュミレーションを。私も一言ご挨拶を申しあげました。あらためて勉強しなければならないと思います。

6日午後、突然の豪雨に見舞われました。あまりにもの強さに霧がかかったようになりました。先日、大雨で被害を受けた知人宅へ寄らせていただきましたが自宅前は側溝からあふれる雨水で道路はまさに川。お家が洪水でいたむことがないようしっかり対策を取らせていただきます。

8月に行われた特別委員会における現地視察です。道路の離合の危険性を視察し、対策を委員会として市へ要望しました。