バックナンバー: 2014年 3月

本日、災害時に備えた日本人と外国人の地域交流会がスパビーチであり、私も参加させていただきました。現在、別府市では外国人市民の方が3846名暮らしており、そのうち約3000人が留学生です。そのような状況から、災害時や緊急時に互いに助け合い、支援者となれるよう「平時から顔の見える関係づくり」を目的に開催されました。防災訓練(煙体験・消火訓練・応急救護)講習などが行われました。以下、写真を掲載致します。