バックナンバー: 2013年 9月

別府市で第一回の多文化共生フォーラムが開催されました。留学生や自治会長の方、市民の方など様々な方が参加され国際色豊かな集まりとなりました。教育プロデユーサーの藤井先生が講演され新たな観点から共生のあり方に考えさせられました。

27日、別府商業高校体育大会がさわやかな秋晴れのもと開催されました。工夫をこらした競技、のびやかで若さあふれる青年の躍動感に感動致しました。関係者の皆様大変にお疲れ様でした。感動をありがとうございました。

25日夜、党支部の会合を開催致しました。これには、県本部から伊藤敏幸副代表が来られユーモアをまじえてながら皆様への日頃の御礼と感謝の意を表しました。

23日、秋の彼岸のお参りに日田市天瀬町の墓苑に行ってまいりました。懐かしい顔を思い浮かべながらしっかり追善の祈りをいたしました。

9月19日金曜日、地元扇山の敬老祝賀会が別府スギノイパレスで開催されました。多数の方が参加され、川野自治会長の挨拶、歌や踊りなどにぎやかにすごされ笑顔いっぱいの祝賀会で皆さん喜んでおられました。日頃の感謝の言葉を申し上げさせて頂きました。関係者の皆様、大変にありがとうございました。

7月30日に古賀市の無料職業紹介所を会派で視察にお伺い致しました。市における無料職業紹介所はめずらしく、興味深くお話をお聞きさせていただきました。担当者の方が、企業に直接お伺いして求人状況について、どんな人を欲しているのか、どんな仕事ができる人が良いのかなどの細かいニーズをお伺いして求職者の方に直接連絡を取り紹介してるとのことできめ細かい対応ができるため、就職決定率も開設当初の2005年の33パーセントから2012年は76パーセントにまで上がってきており、いかに個々人の特徴をつかんで企業の要望に結びつけているかがわかりました。担当者の方が当初企業を訪問されたときはかなりのご苦労があったとお聞きし、何事も道を開くのは苦労があり尊いお姿に感銘を覚えました。9月の別府市議会の一般質問でも取り上げましたが、まだまだこれからです。が、頑張ります。

 

今夏の7月29日久留米市の青峰団地の励ましサロンを会派のうち3人で視察にお伺い致しました。お一人住まいの高齢者の方が多くなり、孤独死防止やご近所のコミュニテイをはかっていくために住民の方の意思で開設されたものです。気軽に立ち寄ってお互いの状況や世間話をして友人やご近所の人の情報交換をして心配事があれば、すぐに対応しているそうです。また、映画やミニコンサート、お年寄りが作った野菜を販売したり新聞を発行もしておりいろんな活動をされています。仲の良い方たちでした。こころよく対応していただき感謝しております。地元の皆様をはじめ、平本自治会長、青柳市議会議員には大変お世話になりました。