「ゾーン30」「FUKUOKA CITY Wi-Fi」で福岡市を視察

 福岡市のゾーン30とドライバーに注意を喚起するトリックアートおよび公衆無線LANサービスについて視察をしました。
 児童を交通事故から守るため、小学校の周辺を30km/hの速度制限とし、エリアに入る道路に標示を施し、ハンプが浮き上がるトリックアートを施工しました。市から効果などについて伺いました。
 また、福岡市公衆無線LANサービスについて、セキュリティの取り組みなどについて伺いました。福岡市長の肝いりで検討がスタートし、学識経験者を含めた検討会議にて方向性を決めてきたとのことです。海外からの来訪者の利用率も高く、セキュリティ事故も発生していないとのことです。とても参考になりました。

(ゾーン30の表示とトリックアート)

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 浅野浩之
h.asano@shinagawa-komei.org