Archive for 2011年 6月

平成23年第2回品川区議会定例会で一般質問に立つ!

 品川区議会の第2回定例会が、6月23日から開催され、2日目に公明党会派を代表して一般質問をしました。

  1. 災害時の区民への情報提供について
  2. 学校施設等の非構造部材等を含めた耐震化について
  3. 事業継続計画(地震編)の策定について

 災害が発生した際に、区民の皆さまに防災情報や避難情報を、確実に早く伝達するための取り組みについて質問しました。概要は以下の通りです。
①室内でも防災情報を聞くことができる防災ラジオを区民に提供すること(答弁)財政負担が大きいため対象者や効果を含めて慎重に検討する
②区立幼稚園・保育園の保護者へメールで情報提供すること(答弁)複数の手段でより確実に連絡する方法を検討する
③商店街の放送設備の利用やツイッターなどの媒体を用いて情報提供すること(答弁)今後の活用の可能性について調査検討する

 学校施設等の非構造部材の耐震化の推進および耐震性の確認を実施することについて質問しました。概要は以下の通りです。
①小中学校の非構造部材の耐震診断ガイドブックを活用して耐震診断の実施と対策を実施すること(答弁)区独自に点検表に基づいて専門業者に委託するなどして実施している
②区有施設のフェンスについても耐震の対策をすること(答弁)塀やフェンスは建築基準法に基づく点検項目であり、安全確保に努める

 事業継続計画(地震編)の策定について、特に情報システムの現状と対策について質問しました。概要は以下の通りです。
①サーバーなどの情報システム設置場所の事業継続計画を確認すること(答弁)委託先業者にて必要な対策がとられており、地震の被害を受けにくい場所に設置されている
②事業継続計画の有効性を確認するための訓練を実施すること(答弁)実効性の高い訓練の実施に努める

第5回地域防災防犯展にて震災関連のセミナーを聴講!

本日、インテックス大阪にて開催された「第5回地域防災防犯展」大阪にて、主にセミナーを聴講してきました。

昨年も参加しましたが、東日本大震災が発生したこともあり、どのセミナー会場も満員という状況でした。


 

震災列島-支えと備え、いま急ぐべきこと
(関西学院大学 災害復興制度研究所教授/主任研究員 山中茂樹)


 

地域と企業の実践的防災対策(BCP)
(災害対策研究会 代表 / 地域安全学会 顧問 宮本英治)


 

笑働OSAKA~地域防災力向上の取り組み~
(大阪府 都市整備部 事業管理室防災環境G副主査 梶間千晶)


 

以上、3題を聴講しましたが、自治体としてやるべきことなどが細かく指摘をされていました。

今後の議会活動に役立てて参ります。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 浅野浩之
h.asano@shinagawa-komei.org